読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古上織蛍の日々の泡沫(うたかた)

歴史考察(戦国時代・三国志・関ヶ原合戦・石田三成等)、書評や、        日々思いついたことをつれづれに書きます。

【NHK大河ドラマ 花燃ゆ】第1話「人むすぶ妹」 感想

☆古上織蛍の日々の泡沫(うたかた) 総目次に戻る 

☆雑想・その他 目次に戻る

 

 NHK大河ドラマ 花燃ゆ 第1話「人むすぶ妹」を見ました。正直、あまり期待していなかったのですが・・・、面白かったです。

 私の吉田松陰の知識といえば、司馬遼太郎の『世に棲む日日』程度(あと『講孟余話』くらい)で、妹についてはほとんど知りません。なので、特に「ここは史実と違う」とか気にならずに素直に楽しめました。(前回の「軍師官兵衛」の史実無視は酷過ぎましたからね・・・。)

 俳優の方達の演技も、演出もとても良かったです。(あえて言うなら、スローモーションにより強調する演出がいくつかありましたけど、効果がちょっと不明な箇所があったかな、という程度ですかね。)

 

 あと、毛利敬親公の口癖(?)である「そうせい」、ここで言わせるか、という感じです。思わずちょっとニヤリとしてしまいました。

 

 これからが楽しみです。

 

(ナレーターは池田秀一さんです。。。関係ないですが、文が兄の心の声が聞こえたというのは、文がニュータイプだという設定ということでしょうか!?面白いですが、次回以降はニュータイプ設定は無しでお願いします。。。)

 

大河ドラマ 黒田官兵衛】の感想等の目次は、↓へ。 

戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次