古上織蛍の日々の泡沫(うたかた)

歴史考察(戦国時代・三国志・関ヶ原合戦・石田三成等)、書評や、        日々思いついたことをつれづれに書きます。

石田三成関係略年表④ 天正十三(1585)年 三成26歳-紀州攻め、「治部少輔」三成、真田家との取次

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る 

石田三成関係略年表①(永禄三(1560)年~天正十(1582)年(1~23歳) 

石田三成関係略年表② 天正十一(1583)年 三成24歳-賤ケ岳の戦い 

石田三成関係略年表③ 天正十二(1584)年 三成25歳-小牧・長久手の戦い 

 

(★は当時あった主要な出来事。■は、石田三成の出来事)

 

正月 ★「安芸毛利氏との中国地方の領土配分(国分)が確定する。」(柴裕之、p185)

一月七日 ★この頃、羽柴秀勝(秀吉の養子、織田信長の五男)と毛利輝元養女が婚姻したとみられる。(毛利の人質となっていた小早川秀包が、この婚姻と入れ替わりのように一時帰国をゆるされているとされる。)(跡部信、p219)

二月二十二日 ★「織田信雄が摂津大坂城の秀吉の元へ出頭し、臣従を明確化させる。」(柴裕之、p185)

三月一日 ★秀吉、「信雄を従三位大納言(同年中に正三位に昇進)に推挙する。」(柴裕之、p84)

三月十日 ★秀吉、「正二位内大臣となり、初の参内を遂げる。」(柴裕之、p185)

三月二十日 ★ 秀吉、紀伊国への先勢を派遣。(柴裕之、p84)

三月二十一日 ★ 秀吉、紀伊国へ自ら出陣。(柴裕之、p84)

三月二十三日 ★秀吉、敵対する根来寺を攻撃・放火。(柴裕之、p84、p185)

三月二十四日 ★秀吉、雑賀へ軍を進め、その後雑賀一揆の討伐を進める。(柴裕之、p84、p185)同日、太田城を包囲。(小和田哲男、p162)

三月二十五日 ★秀吉、太田城の水攻めをはじめる。(三月二十八日説もあり)(小和田哲男、p163)

三月二十五日 ■「『宇野主水日記』の三月二十五日条の記事から、三成もこの(秀吉の紀伊攻めの)陣中にも従っていたことがわかる。」(中野等、p26)

三月二十七日 ★「北信濃福島城主須田信正が真田昌幸と通謀し叛逆を企てていたとして、海津城代上條宜順により成敗された。」(五月八日とも)(平山優、p150)

四月五日 ★太田城の堤防できあがる。(小和田哲男、p163)

四月十日 ★■高野山、秀吉に服従を示す。秀吉、四月十日付で高野山宛て朱印状を下す。(小和田哲男、p171)(柴裕之、p84)「高野山の木食応其は、根来寺金剛峯寺高野山)と秀吉との間の和解斡旋につとめており、高野山も応其を通じて秀吉に降伏を申し出る。木食応其は近江国の出身であり、こののち三成と親しく交わっていくこととなる。」(中野等、p26)

 また、白川亨氏は「そのとき(筆者注:高野山と秀吉との和解斡旋のときに)三成は深覚坊(筆者注:木食)応其のため関白秀吉の説得に努めている。深覚坊応其と三成の関係はそのときに始まったと考えられる。」(白川亨、p5~7)としています。

四月十三日 上杉景勝、「真田昌幸が小県尼ヶ淵に城を築いたのを攻めさせ、また島津義忠に更科郡虚空蔵山に城を築かせ、これを監せしめている。」(児玉彰三郎、p75)

→この四月十三日の時点では、真田昌幸は徳川の下で上杉景勝と戦っていたことが分かります。

四月二十二日 ★太田城開城(小和田哲男、p164)(柴裕之、p185)

四月二十五日 ■「四月二十五日、紀州太田城開城の折も、三成は太田の秀吉陣所にあった。『宇野主水日記』」(中野等、p26)

五月八日 ★上杉景勝、「高井郡福島城の須田信正が家康の働きかけにより、真田昌幸と通じて景勝に叛いたのを、上杉宜順に命じて成敗せしめなければならなかった。」(児玉彰三郎、p75)

五月二十五日 ★「山城青蓮院尊朝法親王が、秀吉の懇請により去年依頼長谷三位を遣わして調停しようとしていたが、五月二十五日、法親王はさらに越後本誓寺にその斡旋を依頼した。」(児玉彰三郎、p75)

六月十一日  ★「織田信雄徳川家康に書状を送り、①秀吉の越中出陣は間近に迫っているが、家康と成政が共謀しているとの情報が頻繁である、②その疑念を晴らすためにも家康重臣を二、三人人質として清州に出すことを勧める。③すでに於義伊(秀康)、石川勝千代(康勝)を差し出しているではないかと思われるだろうが、今回は格別であるので人質を差し出される方が賢明だ、秀吉も人質となる重臣と交換に於義伊と石川勝千代を岡崎に一度戻す用意がある、④秀吉出馬後、成政が家康の領国に逃げ込んでも匿わず秀吉に差し出すこと、などを勧告した(『大日』十一編十六-一〇五)。

 これは秀吉の意を織田信雄が伝えたものであろう。ここに織田氏は、完全に豊臣政権下の一大名に成り下がったことが確認できる。しかし、家康はこれを拒否したらしく、実現しなかった。だがこの勧告は家康が成政支援に動くことを秀吉が牽制したものであろう。事実、家康は成政支援のために動くことはなかった。」(平山優、p171)

六月~八月 ★秀吉、「弟の羽柴秀長を総大将として四国へ出兵させて土佐長宗我部氏勢力の攻略を進め」る。(柴裕之、p185)この四国攻めには毛利勢も参加しています。

六月十六日 ★秀長、三万の軍を率い、淡路島洲本に上陸。(この他合わせて全体で十万五千~十二万三千の兵。)(小和田哲男、p177~178)

六月二十五日 ★秀吉は、「六月二十五日に上杉景勝に書状を送り、佐々成政征伐の予定に変わりはないので、前田利家とよく相談しておくよう求めている。なおこの書状で秀吉は、上杉景勝北条氏政を攻撃するための「関東越山」を積極的に支持し、支援するつもりであると述べているのは注目される(『上越』三〇三七号)。秀吉は徳川・北条同盟を打倒すべき敵とみなしていたのである。」(平山優、p168)

七月十一日 ★秀吉、「近衛前久の猶子となったうえで、従一位関白となる。」(柴裕之、p185)

七月十三日 ■「歴名士代」には天正十三年七月十三日に、石田三成従五位下・治部少輔に任じられたことが記されている。(中野等、p28)

七月十五日 真田昌幸、徳川方から上杉方につき、秀吉とも誼を結ぼうとする。

→徳川と北条が同盟を結んだ際に北条は徳川に対して、真田が支配していた上野沼田の地を北条に与えよう要請しており、このため家康も当時徳川傘下となった真田に対して沼田領の割譲を強く要求していました。

 これまで徳川方について上杉と戦っていた真田でしたが、沼田割譲要求には替地の約束もなく、また、これまで昌幸が家康のために尽くしてきた戦功に対しても家康はなんら報いることはなかったため、こうした家康の真田に対する扱いを昌幸は不満に思い、徳川を見限って上杉方につくことになります。「正幸が景勝に異心なきを誓ったのに対して、七月十五日、景勝も誓書を与えて、その知行等を安堵せしめた。」(児玉彰三郎、p76)

 上杉景勝が昌幸に送った起請文の内容は、以下の内容でした。

「①再び上杉方に忠節を尽くすことになった以上は、何か手違いがあっても見捨てない、②敵(徳川・北条)が攻めてきたら、上田だけでなく沼田・吾妻領にも援軍を派遣する、③今後は何か密謀があるとの噂があっても、よく調査して関係継続につとめる、④信濃国の知行は海津城代須田満親より与える、⑤沼田・吾妻・小県郡と坂木庄内の知行は安堵する、⑥佐久郡と甲州のどこかで一ヵ所、上野国長野一跡(箕輪城とどその領域のこと)を与える、⑦屋代秀正の一跡を与える、⑧禰津昌綱の身上については昌幸が取りはからう(禰津氏の与力化)、などである。」(平山優、p151)

八月四日 ★越中佐々成政を攻撃する秀吉軍の先陣が出陣。(小和田哲男、p184)

八月七日 ★秀吉、越中へ向けて大坂を出陣。先陣は越前に入る。(小和田哲男、184)

八月八日 ★秀吉、京を出て越中に向かう。(小和田哲男、p184)

八月八日 この頃までに講和が成立し、長宗我部元親は秀吉側に降伏し、土佐一国を安堵される。(小和田哲男、p183)(柴裕之、p85、185)伊予国小早川隆景に与えられます。

八月十日 ★「「大友氏に対し、羽柴秀吉から菊田名字の使者が下向し、調略資金として金箱が贈られた」との情報が(筆者注:島津)家久にもたらされている。この時点で、大友氏が羽柴秀吉に接近し、両者が連携して島津領への侵攻を計画していると、日向衆は理解していたようである。これらの情報は、すぐさま鹿児島の(筆者注:島津)義久のもとにも伝えられている。」(新名一仁、p171)

八月十五日 ★秀吉家臣の金森長近、飛騨の三木自綱を攻め、降伏させる。(平山優、p173)

八月十八日 ★秀吉の本隊、加賀に到着。(小和田哲男、p184)

八月二十日 ★秀吉、倶利伽羅峠まで軍を進める。(小和田哲男、p184)

八月二十三日 ★秀長、大坂に凱旋。(小和田哲男、p183)

八月二十六日 ★佐々成政、剃髪し秀吉本陣を訪れ降伏。越中国のうち新川郡のみ安堵される。(小和田哲男、p185)「この北陸征討の結果、前田氏は利家の子利長が越中三郡を与えられ、加賀・能登越中を支配する大大名の地位が確定し、特に利家は、秀吉の最も信頼する臣として、羽柴筑前守の名乗りを許されたのであった。」(児玉彰三郎、p77)

 この頃の上杉景勝の行動については、「この時(筆者注:秀吉の佐々征伐の時)の景勝の行動はあまり詳らかではないが、八千の軍を率いて黒部まで出馬し、兼続を秀吉のもとに遣わして、挨拶せしめたという。成政を降したあと、秀吉は木村弥一右衛門を遣わして、景勝に今回の出陣を謝し、かつ、その上洛を求めて、引きあげた。」(児玉彰三郎、p77)とあります。

八月二十九日 ★真田昌幸が子の信繁を人質として、上杉家臣須田満親のもとに送ってきたのに対し、「満親は昌幸の臣矢沢頼幸に書を送り、これを謝し、かつ、小県郡曲尾に援軍を送ったことを報じている。」(児玉彰三郎、p78)

閏八月二日 ★「真田勢は徳川の兵を小県国分寺に迎え撃ち、大いにこれを破った。昌幸は、「千三百余討捕り、備存分に任せ候」と言っており、徳川方の記録『当代記』でも、「寄手少々敗軍の体也」と認めているほどである。」(児玉彰三郎、p77)(第一次上田合戦)

閏八月六日 ★三木秀綱・季綱の籠る飛騨松倉城が落城し、三木氏滅亡する。(平山優、p173)

閏八月十七日 ★秀吉、「近江国坂本に入り、畿内周辺の諸将の国替えを行い、畿内を羽柴の占有とし、「天下静謐」を成し遂げる。弟の秀家には大和・和泉・紀伊の三ヵ国が与えられ、大和郡山城に入る。甥の秀次は近江八幡城の城主となる。」(柴裕之、p185)

閏八月二十四日 ★秀吉、上洛。(柴裕之、p86)

九月九日 ★秀吉、「この日付で、「豊臣」改姓を許可される。」(柴裕之、p185)

九月十四日 ■『宇野主水日記』の九月十四日条では、秀吉の有馬湯治に従った面々の名前として、石田三成増田長盛大谷吉継などの名前が挙げられている。(中野等、p28)

※ 参考エントリー↓

koueorihotaru.hatenadiary.com

九月十八日 ★「景勝は新発田陣に参加していた、沼田城将矢沢綱頼の子頼幸を、沼田に返し、また加勢の兵を送ることを報じているが、それは北条氏直が軍勢を送って真田の城である沼田城を攻めたからであった。」(児玉彰三郎、p79)

九月二十九日 ★北条軍、真田家の矢沢綱頼の籠る沼田城を八月下旬より攻めるが、攻略できないまま九月二十九日撤退する。(平山優、p163)

十月二日 ★秀吉、「豊後大友・薩摩島津両氏に停戦命令をだす。」(柴裕之、p185)

「「嶋津修理大夫殿(折封ウワ書)」

 勅諚につき、染筆候。よって関東は残らず、奥州の果まで綸命に任せられ、天下静謐のところ、九州のこと今に鉾楯の儀、然るべからず候条、国郡境目の相論、互に存分の儀聞越し召し届けられ、追って仰せ出さるべく候。まず、敵・味方とも双方弓箭をあい止むべき旨、叡慮候。その意を得られるべき儀、もっともに候。この旨を専らにせられず候はば、急度御成敗なさるべく候の間、各々の為には一大事の儀に候、分別有りて言上あるべく候也。

 (天正十三年)拾月二日               (花押)(豊臣秀吉

    島津修理大夫(義久)殿」(小和田哲男、p188~189)

十月十七日 ★秀吉、真田昌幸にはじめて直書を送る。(豊臣家と真田家の交渉のはじまり。)(中野等、p31)

「昌幸は九月末から十月初旬頃、大坂城羽柴秀吉に好誼を結びたい趣旨を認めた書状を送った。秀吉はこれを喜び、十月十七日付で返書を寄越した。それが次の書状である。(『信』⑯三八三)。

 未だ申し遣わさず候の所に、道茂の所への書状披見候、委細の段聞召し届けられ候、その方進退の儀、何の道にも迷惑せざる様に申し付くべく候の間、心易かるべく候、小笠原右近大夫(貞慶)といよいよ申談じ、越度なき様にその覚悟尤もに候、なお道茂申すべく候なり

 十月十七日 (花押)

     真田安房守とのへ」(平山優、p165)

→この頃まだ徳川方となっているはずの小笠原貞慶が、既に秀吉と通じていたことを示す書類といえます。平山優氏は、秀吉が越中(佐々氏)・飛騨(三木氏)を平定したことにより、小笠原貞慶が周囲を包囲され孤立したことが、貞慶が秀吉に転じた理由としています。(平山優、p174)

十月十八日 ■三成、真田家重臣で上野沼田に在城する矢沢頼綱真田昌幸の従兄弟)に、書状を発する。(現代語訳のみ引用)

「◇これまで親しくやりとりをしたこともありませんでしたが、先程真田昌幸安房守)どのことは上杉家の使者から細かにうかがいました。関白殿(秀吉)の御耳にも達していますが、真田昌幸の思い通りで(構わない)と上杉家の使者に伝えています。私は上杉家のお世話を担当しているので、今後は特に御用などをうかがっていきます。この(書状を携えてきた)使僧は、これから関東へ遣わされますので、念入りに送り届けて頂ければと存じます。さらにやがて関東から(秀吉のもとへ)のぼってくるであろう使者たちが(ご領内を)問題なく通過できるようにご配慮いただければと存します。そうした対応をとっていただければ、あなたのことを粗略にあつかうようなことはございませんので、御用などあれば仰ってください。ところで、九月十九日の天徳寺充て書状を拝見しました。(秀吉にも内容を)披露しています。詳しいことはこの使僧がお伝えすると思いますので、省略します。」(中野等、p31~32)

十一月三日 ★「景勝は、矢沢綱頼に上野国において地を宛行っている。」(児玉彰三郎、p79)

十一月四日 ★新発田重家、山城青蓮院尊朝法親王の進めていた上杉家との調停を断る。(児玉彰三郎、p80)

十一月十一日 ★徳川家康三河における一向宗七ヶ寺の追放を解除する。(平山優、p186)

十一月十一日 ★大友義統、「天正十月二日の停戦命令(筆者注:秀吉による大友氏と島津氏の停戦命令)に対し、十一月十一日には受諾する旨の書状を秀吉に送り、「筑後に在陣していたところ、島津が和平を破って義統分国に乱入したと訴え、支援を求めている(義統が筑後に在陣したという事実はない)。」(新名一仁、p205)

十一月十三日 ★「家康の重臣で、三河岡崎城代をつとめていた石川数正が突如尾張に出奔する。」(平山優、p175)この時、数正は「一族や妻女はもちろん信濃小笠原の人質幸松丸らを伴っていた(『家忠』)。」(平山優、p175)

「数正がなぜ徳川氏を裏切り、秀吉のもとへ走ったのかについては諸説あって定まっていない。ただ、出奔直前の十月二十八日に、家康が家臣を招集して秀吉に人質を出すか否かで評議を催し、あくまで拒否をすることが決定したことが最も大きく影響していることは間違いない(『家忠』『三河物語』等)。数正は、秀吉との取次役をつとめていた経緯があり、羽柴氏との回線には反対だったのだろう。しかしそれが容れられず、家中で孤立したのが出奔の背景と思われる。」(平山優、p175)と平山優氏は述べています。

十一月十五日 ★「家康は、十一月十五日に同盟国北条氏政・氏直父子に石川数正の出奔を知らせ、また信濃に在陣する徳川軍にただちに撤退し、平岩親吉・芝田康忠・大久保忠世には浜松へ帰還するように厳命した。事態を知った徳川方諸将の動揺と混乱は激しかった。」(平山優、p175)

十一月十七日 ★「真田昌幸の兼続へもたらした情報によると、家康は甲州・諏訪・佐久郡鎮将である平岩親吉・柴田康忠・大久保忠らを浜松に招集し、何事か相談したといわれ」る。(児玉彰三郎、p79)「昌幸は何故彼らが揃って帰国したのか理由がわからず、十一月十七日に直江兼続に宛てた書状で何の意図があるのか不明なのでただちに甲斐に目付を派遣して様子を探り、事実関係が判明次第報告すると述べている。(『上越』三〇七一号)。だがまもなくその理由が石川数正出奔のためであることを知ることになる。」(平山優、p178)

十一月十八日 ★家康、三河岡崎城の大改修に着手。(平山優、p188)

十一月十九日 ★秀吉は、「十一月十九日に真田昌幸に条目を送り、①家康は天下に対し表裏を構え許し難いので成敗するつもりである、②家康討伐のため来年一月には出陣するので、その際には参陣すること、③信濃と甲斐のことは、小笠原貞慶木曾義昌と相談し、経略を進めること、などを伝えた(『信』⑯三八四)。」(平山優、p165)

十一月二十一日 ★「秀吉は昌幸がかつて家康に与したのを赦し、速やかに上洛すべきことを命じている。」(児玉彰三郎、p79)

十一月二十一日 ★秀吉、「公家、寺社に所領を給与する。」(柴裕之、p185)

十一月二十三日 ★家康、三河国衆の妻女らを遠江国二俣城などへ移すよう命ずる。(平山優、p188)

十一月二十八日 ★「家康のもとに使者が訪れた。それは織田信雄より派遣された織田長益(信長の弟、後の有楽斎)、信雄家臣滝川勝利・土方雄久である。三人は秀吉の意を受けた信雄が派遣してきたもので、家康に秀吉との講和を勧告した。だが家康はこれを拒否している(『家忠』等)。これにより、ますます秀吉との決戦は避けられぬ情勢へと進んでいった。」(平山優、p189)

十一月二十九日 ★天正地震が起きる。(柴裕之、p185)「つまり天正地震は、豊臣秀吉の領国に甚大な被害が集中し、家康領国の被害が軽微だった点に特徴がある。しかも山内一豊織田信雄らの事例を持ち出すまでもなく、秀吉麾下の諸大名に大きな打撃を与えており、家康との即時開戦は困難になったと考えられる。」(平山優、p190)

十二月二日 ★家康、三河岡崎城の改修を完了。(平山優、p188)

十二月二日 ★家康方から秀吉方についた小笠原貞慶、「保科正直の居城伊那郡高遠城を攻めた。しかし、これは保科勢の奮闘で防がれる。(児玉彰三郎、p79)(平山優、p179)

十二月七日 ★秀吉、「義統に返書を送り、毛利輝元と和睦するよう命じるとともに、島津氏の返答次第では、四国・西国の軍勢を、毛利輝元羽柴秀長を先勢として派遣すると伝えている。(大録)。」(新名一仁、p205)

十二月十日 ★秀吉の「養子の羽柴於次秀勝(織田信長の五男)が丹波亀山城で病死する。」(柴裕之、p185)

十二月十日 ★上杉景勝、山城青蓮院尊朝法親王の進めていた新発田重家との調停(重家の赦免)を拒む。(児玉彰三郎、p80)

十二月二十三日 ★島津義久、「毛利輝元に書状を記し、(中略)。この書状で義久は、前年九月に毛利氏から持ち掛けられた大友氏包囲網について、いまだ有効かどうか確認するとともに、現時点で島津家としては豊薩和平を維持するつもりであるが、大友氏が逆心を構えて立て籠もっており、「案外之儀」=和平破綻となるかもしれないと述べている。後半は、前出の細川幽斎宛書状とほぼ同内容である。秀吉と和睦した毛利氏に対し、島津家の認識・立場を明らかにし、この停戦命令に対する毛利氏の姿勢を問うたのである。」(新名一仁、p198)

十二月二十八日 ■秀吉が上杉景勝からの歳暮の使者の返礼の直書を発した時に、三成も副状を発している。(中野等、p29~30)

「◇歳暮の使者として富永備中守殿を遣わされました。遠路ご苦労をかけ、殿下(秀吉)も満足に思われています。また、私にまで御太刀一腰と銭一〇〇〇疋を御用意頂き、いつもながらのご懇情に感謝を表す言葉もありません。A特に、東国のことについては御使者に申し渡しておりますので、(御前にて)ご説明があると思います。御領国の境界を厳重にされることも当然かと存じます。さらにまた、重ねてご連絡を差し上げます。」(中野等、p30)

→ 下線部Aのとおり、石田三成が上杉との取次として東国政策(対徳川包囲網の形勢)について積極的に関わっていることがわかります。

 

(コメント)

 天正十三(1585)年の秀吉政権の大きな動きは、1.昨年の小牧・長久手戦役の後始末2.秀吉の関白任官3.対徳川東国戦略の3つといえます。以下にみていきます。

 

1.昨年の小牧・長久手戦役の後始末

 前回のエントリーで、小牧・長久手戦役とは、ただ秀吉派と信雄・家康派の戦いであるにとどまらず、周囲の大名もいずれかの陣営について戦い、関ケ原の戦いにも比肩する「天下分け目の戦い」とみられるような大規模な戦役であったことについて説明しました。小牧・長久手の戦い自体は天正十二(1582)年十一月に織田信雄が秀吉に実質降伏することにより、終結を迎えますが、この時信雄・家康派についた大名の後始末をつけることが、秀吉にとってこの天正十三(1583)年の重要な課題となります。彼ら旧信雄・家康派勢力は、信雄との講和により秀吉政権に従うことになった訳では当然なく、今後も秀吉政権を脅かす存在となる訳ですから放置しておくわけにはいきません。このため、天正十三年に秀吉は、旧信雄・家康派残党勢力を一掃するために一連の軍事行動を起こします。

 天正十三年に行った秀吉の戦は以下のようになります。

① 三月~四月  紀州攻め(対根来・雑賀衆等)

② 六月~八月  四国攻め(対長宗我部元親

③ 八月     越中攻め(対佐々成政

④ 八月~閏八月 飛騨攻め(対三木氏)

 石田三成もまた、秀吉の側近として紀州攻め、越中攻めに在陣しています。(四国攻めについては秀吉の弟秀長が総大将として軍を率いており、飛騨攻めも金森長親に命じたもので、秀吉は出陣していませんので、三成も在陣していません。)

 紀州攻めの際に、高野山が秀吉に降伏を申し出、無血開山します。この時、高野山で秀吉との和解斡旋につとめた僧が木食応其でした。近江国の出身である木食応其は、こののち三成と親しく交わっていくこととなります。

※ 参考エントリー↓

koueorihotaru.hatenadiary.com

 

2.秀吉の関白任官

 天正十三年七月十一日、秀吉が関白に任官されます。関白とは文字通り「天下の万機を関(あずかり)白(もう)す」職であり、国政を総覧する臣下第一の職でした。その「総覧」の中には公家・寺社も含まれます。(小和田哲男、p172)

 江戸時代の史料(林羅山豊臣秀吉譜』)では、秀吉は将軍職が望みだったが、足利義昭の猶子になろうとして断られたため将軍になれなかった等の記述(小和田哲男、p170)がありますが、摂関家でない人間が関白に任官される方が、将軍に任官されるよりも遥かに難しいことですので、この説は誤りでしょう。秀吉は、「天下の万機を関(あずかり)白(もう)す」職として関白の任官を望み、関白の地位を元に天下へ号令する権威と政治的な正統性を得ようとしたのだと考えられます。(この朝廷の「臣下第一」の権威も「武威」を背景としなければ実質的な権力を持ちえない訳ですが。)

 秀吉の関白任官に伴い秀吉家臣も官位を授かり、石田三成もまた七月十三日に五位下に叙位され、治部少輔の官途を与えられることになります。(中野等、p27)

 

3.対徳川東国戦略

小牧・長久手の戦いで決定的な勝利を収められず家康を打倒できなかった秀吉は、家康に対する武力討伐路線をあきらめ、朝廷の権威で家康を臣従させる路線を目指した」みたいな説が以前唱えられていたことがありましたが、上記の年表にあるように、天正十三年の段階では、秀吉は、降伏の姿勢を取ろうとしていない徳川を打倒する姿勢を崩しておらず、色々な戦略を徳川陣営に仕掛けて、徳川征討の準備をしていることが分かります。以下に秀吉の対徳川東国戦略をみていきます。

① 八月 越中攻め(対佐々成政

② 八月~閏八月 飛騨攻め(対三木氏)

③ 十月 信濃小笠原貞慶真田昌幸との同盟

④ 十一月 徳川重臣石川数正の出奔

 

 ①、②の秀吉による越中・飛騨攻略により、③徳川方だった信濃小笠原貞慶を孤立させることにより、豊臣方に寝返らせることに秀吉は成功しました。七月に徳川方から上杉方へ離反した真田昌幸とも十月に秀吉は同盟を結びます。④特に、徳川重臣石川数正の出奔が徳川に与えた衝撃は大きく、徳川軍の軍制や戦法等の軍事機密が秀吉方に漏洩したことになりますので、軍制改革に着手せざるを得なくなりました。また、石川数正岡崎城代だったため城の内部情報も漏洩したことになり、家康は岡崎城の改修を急ぐことになります。(平山優、p188)

 この他にも、秀吉は「本願寺法主より三河遠江一向宗門徒に呼びかけさせ、秀吉に味方すれば耕作は切り取り(年貢免除)とするとの条件で一向一揆を蜂起させる作戦」(平山優、p187)や、「「越後に武田信玄の息子御聖導殿(龍宝)という目の不自由な方とその子が匿われている。その武田父子を上杉景勝が支援して甲斐に帰国させる準備が進められている」」という噂を流す(この噂を流したのは真田昌幸)(平山優、p175~176)などの工作を行っています。

 このようにして、秀吉は工作により家康を追い詰めており、家康は窮地に立たされていました。

 

 この頃に、石田三成が行った東国政策を示すものとして、十月十八日付の真田重臣矢沢頼綱宛三成書状があります。以下、再掲します。

 

「◇これまで親しくやりとりをしたこともありませんでしたが、先程真田昌幸安房守)どのことは上杉家の使者から細かにうかがいました。関白殿(秀吉)の御耳にも達していますが、真田昌幸の思い通りで(構わない)と上杉家の使者に伝えています。A私は上杉家のお世話を担当しているので、今後は特に御用などをうかがっていきます。この(書状を携えてきた)使僧は、これから関東へ遣わされますので、念入りに送り届けて頂ければと存じます。Bさらにやがて関東から(秀吉のもとへ)のぼってくるであろう使者たちが(ご領内を)問題なく通過できるようにご配慮いただければと存します。そうした対応をとっていただければ、あなたのことを粗略にあつかうようなことはございませんので、御用などあれば仰ってください。ところで、九月十九日の天徳寺充て書状を拝見しました。(秀吉にも内容を)披露しています。詳しいことはこの使僧がお伝えすると思いますので、省略します。」(記号・下線筆者)(中野等、p31~32)

 

 Aにあるとおり、三成は上杉家の取次をつとめていますので、上杉傘下となった真田家の取次も今後三成がつとめていくことを知らせています。これより、三成は真田家の取次を担い、真田家と親密な関係を築いていくことになります。

 

 Bにあるように、三成と秀吉が地勢的に真田家を重視していたのは、真田家が信濃と上野沼田にまたがる領地を領有していたことが大きいと考えられます。反徳川・北条の北関東諸侯(佐竹・宇都宮等)との(沼田を経由した)連絡役を担う役割として、真田家は秀吉から重視されていたのです。

 

※ 参考エントリー↓

koueorihotaru.hatenadiary.com

koueorihotaru.hatenadiary.com

 

 

 上記のような対家康への打倒体制が見直されることになったのが、十一月二十八日の天正地震でした。「天正地震は、豊臣秀吉の領国に甚大な被害が集中し、家康領国の被害が軽微だった点に特徴があ」(平山優、p190)り、地震による甚大な被害を受けた豊臣方は即時の即時開戦は困難になり、秀吉は対徳川の戦略の見直しをはからざるを得なくなることになります。

 

 参考文献

跡部信「秀吉の人質策-家臣臣従策を再建とする-」(藤田達生編『小牧・長久手の戦いの構造 戦場編 上』岩田書院、2006年所収)

小和田哲男『戦争の日本史15 秀吉の天下統一戦争』吉川弘文館、2006年

児玉彰三郎『上杉景勝』ブレインキャスト、2010年

柴裕之編著『図説 豊臣秀吉戎光祥出版、2020年

白川亨『真説 石田三成の生涯』2009年、新人物往来社

新名一仁『島津四兄弟の九州統一戦』星海社新書、2017年

中野等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年

平山優『武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望ー天正壬午の乱から小田原合戦まで』戎光祥出版、2011年

「嫌われ者」石田三成の虚像と実像~第16章 なぜ、(実際には違うが)石田三成は伊達政宗を「敵視」していたと誤解されるのか?(2)

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る

☆「嫌われ者」石田三成の虚像と実像 第1章~石田三成はなぜ嫌われまくるのか?(+目次) に戻る

 

 前回の続きです。(前回のエントリーは↓)

koueorihotaru.hatenadiary.com

 

 それでは、続きを見ていきます。

 

②「書状に拠らば

先度の「小田原の陣の頃」

【富田一白から政宗への書状】

「若し又御遅延に至りては一途之仁、御代官として指上せらる」

秀吉への平伏が遅れるなら強硬者(三成)を送るので覚悟せよ-と政宗は脅され」(『センゴク権兵衛㉒』)

 

 前述したとおり、豊臣政権「内」における「中央集権派VS地方分権派」の派閥対立は存在しないことについて説明しました。(「中央政権(豊臣政権)」と「地方大名」との対立・利害調整は当然ありえます。)

 上記の②の書状についても、豊臣政権内の「中央集権派VS地方分権派」の対立という誤った構図で読み解こうとすると、誤った理解をしてしまうことになります。

 

 上記の書状については、豊臣政権の(あるいは戦国大名の一般的な)外交方法が「和戦両様」であることと、「和戦両様」の構えの交渉をする際に有効なブラックな交渉術として知られる「良い警官、悪い警官」交渉術について理解する必要があります。

 

「和戦両様」とは、敵勢力と外交する際に、交渉で平和的に解決する可能性も、全面的な戦争となる可能性も、両方の可能性がある事を計算に入れ、どちらでもよいように準備しておき、交渉に臨むことです。戦国大名だからといって、必ず敵対勢力と戦争することによって自勢力の目的を達成するわけではありません。かといって、交渉が成功しなければ結局戦争となる訳ですから、戦争への準備を交渉の間にも怠らずに進めていく事が必要な訳です。

 こうして、戦国大名の外交交渉ルートには、「和」(平和交渉)のルートと「戦」(戦争準備)のルートの2つのルートが必然的に発生します。「和」のルートと「戦」のルートを同一人物が担当することはできませんので、この2つのルートは、それぞれ別の家臣が担当することになります。

 この時、豊臣政権において、対伊達交渉の「和」のルートを行ったのが、富田一白らでした。当時、伊達家とも敵対していた反北条勢力(佐竹・芦名・宇都宮等)との同盟交渉を担っていた石田三成増田長盛らはそのまま、対伊達の「戦」ルートを担うことになります。

 

「良い警官、悪い警官」とは、昔のドラマなどでよくあるパターンですが、警官が容疑者を自白に追い込む時などに使う手法で、まず「悪い警官」役が取り調べで容疑者に対して怒鳴りつけたり暴力をふるったりして散々ビビらせ、恐怖心を抱かせます。

 その後におもむろに「仏の〇〇さん」という優しい刑事(「良い警官」)があらわれて、「悪い警官」をなだめ、容疑者を優しく扱い、同情するようなことを言って説得を始める。「良い警官」を味方と思い信頼した容疑者は泣きながら自白を始める、という「交渉術」です。(応用パターンは色々あります。)

 しかし、この「良い警官」の手に相手が乗らず自白しなかった場合は、また「悪い警官」が出てきて容疑者を締め上げる訳ですね。

 上記の書状における、豊臣家臣の対伊達家取次・富田一白も、伊達政宗を懐柔するのに、この「良い警官、悪い警官」メソッドを駆使した訳です。ここで、富田一白は、自分たちの交渉に応じれば伊達家の安全と領地は保証されると「良い警官」を演じて伊達を懐柔する一方、「このまま我ら『和』のルートの交渉に乗らないと、(石田三成ら)『戦』(悪い警官)の担当ルートの出番になるぞ、そうならないうちに、我らの交渉に乗っておけ」と脅している訳ですね。

 上記で見た通り、富田一白らにしろ石田三成らにしろ、豊臣家中でそのような外交ルートを担う交渉役をあらかじめ秀吉に命じられて、それぞれの担当職務を仕事として行っているだけの話であり、彼ら秀吉家臣が、先に伊達政宗を個人的に敵視したり、親しく感じたりしている結果、そのような「和」や「戦」の交渉を勝手に行っている訳でもなんでもないということです。

 

③「「奥州叛乱」の頃にては

政宗書状】

石田治部少輔下向之由候間廿一日此方へ可相立候」

政宗は三成が来ると聞いて 急遽 一揆鎮圧を※六日早め 豊臣への忠誠を示している

※27日予定→21出立」(『センゴク権兵衛㉒』)

 

④「そして此度の「上洛」

政宗書状】

「我等不図罷登二付而 治少輔(三成)も 御登ときこえ申候 但いかゝ(いかが)いかゝ」

我らの上洛につき 三成も上洛とはいかがなもの- と政宗は苦言を呈す」(『センゴク権兵衛㉒』)

 

 しかし、現代でも同じかと思いますが、仕事や職務上で「敵対関係」になった人間に対して、人間は結果としてその後事情が変わったとしても、人間として個人的に敵意や警戒感を抱くものです。逆に、それが職務上・仕事上でやった事であったとしても、取り成してくれた人間に対しては感謝の意を抱き、信用するのが人情というものです。「仕事は仕事。個人は個人」と感情を切り分けられる人は(現代でも)ほとんどいません。

 前述したように、小田原参陣前の伊達政宗に対して職務上「戦」のルートの担当を担い、政宗と「戦う」準備を進めてきた三成ですが、その後、伊達政宗が小田原に参陣し豊臣家に臣従することに決した以上、これ以上対伊達の戦争準備を仕事として進める必要もなく、政宗を敵視する行動をする必要もなくなりました。

 前述した、その後の三成の伊達家への協力的な姿勢(伊達政宗と石田三成について(3)~石田三成、伊達政宗を気遣う 」「伊達政宗と石田三成について(4)~秀次切腹事件における書状のやり取り」)をみれば、三成が過去の経緯にとらわれて、個人的に過去の「敵意」を引き摺るような人物ではない事は明らかです。

 しかし、このように仕事上の過去の経緯であったしても、その時に敵対的な業務を行えばその人物に対して敵対的感情を普通の人間は抱いてしまうものですし、その後事情が変わったとしても、過去の敵対感情を水に流してしまうような人間は実際には少ない訳です。三成は珍しい人物といってよいかと思われます。

 このため政宗は、小田原参陣以後も「三成は相変わらず政宗に対して『敵意』を抱き続けている」と思い込んでおり、三成に対して警戒を解いていないことが③、④の政宗書状から分かるのです。ここで重要なのは、③、④の書状は、この時期の政宗が三成に対してどう思っていたのかについては伺い知る事ができる史料にはなりますが、当時の三成が政宗をどう思っていたかを示す史料にはならないということです。

「自分が思っている同じ事を、相手も思っているだろう」という「勘違い」というのは人間にはよくある思い込みですが、それはただの「勘違い」であり、事実ではありません。

 政宗が秀吉に臣従する前に、三成が「対伊達」の「戦」のルートの担当をしていたことから始まる政宗の三成に対しての警戒感は、その後も容易に解消されるものではなく、三成が時間をかけて解消していく必要のあるものであったという事です。その後、三成の政宗に対する協力的な働きかけがあったことにより、慶長年間頃には両者は親密な関係を結んでいる訳です(伊達政宗と石田三成について(1)」等参照)。

「取り成し」によって人望を集めた、三成の(意外な)「人たらし」としての才の側面が垣間見えるものといえるでしょう。

 

※ 参考エントリー

koueorihotaru.hatenadiary.com

 

 

 参考文献

宮下英樹センゴク権兵衛㉒』講談社ヤンマガKC)、2021年

「嫌われ者」石田三成の虚像と実像~第15章 なぜ、(実際には違うが)石田三成は伊達政宗を「敵視」していたと誤解されるのか?(1)

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る

☆「嫌われ者」石田三成の虚像と実像 第1章~石田三成はなぜ嫌われまくるのか?(+目次) に戻る

 

1.石田三成伊達政宗との関わりについて

 石田三成伊達政宗との関わりについて、以下について書きます。

 なんか、対徳川家康と同じパターン(石田三成徳川家康との関わりは「「最初から家康は石田三成と仲が悪かったのか?」」参照)になってしまいますが、三成は東国政策で豊臣政権が関東の北条家と対立していた頃から、北条家に対抗するために佐竹家・芦名家等の北関東・南陸奥諸侯と同盟交渉を行っていたので、それら北関東・南陸奥諸侯と敵対していた伊達政宗は、自動的に対抗すべき敵になってしまった訳です。

 だから、石田三成伊達政宗を「敵視」していたという訳ではありません。「敵視」ではなくて、当時伊達政宗は明確に豊臣の「敵」だったということです。

 小田原陣の時に伊達政宗は、遅れたものの小田原に参陣して許されます。その後は伊達家は豊臣家に臣従する訳ですので、もはや豊臣の「敵」ではないし、当然三成の「敵」ではありません。敵ではないのだから「敵視」もしないことになります。

 天正十九(1591)年九月、伊達政宗一揆を起こした大崎・葛西の旧領への転封を命じられます。この転封は、政宗が大崎・葛西一揆に加担した疑いをかけられた事による懲罰的な意味合いが含まれたものでした。居城の移転をしなければいけない政宗を三成は気遣い、移転について積極的な協力を申し出ます。

 詳細については、以下のエントリー参照。↓

koueorihotaru.hatenadiary.com

 豊臣秀次事件が起こった時に、伊達政宗が急便を送らせ頼ったのも石田三成でした。この書状を受け、三成は「預飛札本望二存候」と返しています。

koueorihotaru.hatenadiary.com

 慶長三(1598)年七月一日付の石田三成伊達政宗書状には、「三成とは奥底から意思を通じ合いたい(「奥底懇に可得貴意候」)」とあり、三成と政宗は親密な関係にあったことが分かります。

koueorihotaru.hatenadiary.com

 また、伊達政宗石田三成といえば、慶長四(1599)年二月九日に大坂屋敷で行われたワインパーティの話が有名です。

koueorihotaru.hatenadiary.com

 伊達政宗石田三成との親密な関係を長々と紹介しましたが、何を言いたいかというと、つまり豊臣臣従後の伊達政宗石田三成が「敵視」したというのは、端的に言って誤りだということです。

 誤りであるにも関わらず、いまだに「豊臣臣従後の伊達政宗石田三成が「敵視」していた」という誤説がでてくるかについて、以下に考察してみたいと思います。

 

2.『センゴク権兵衛㉒』における伊達政宗石田三成描写の感想

 

 なぜ、上記のような文章を書いているかというと、先程読了した『センゴク権兵衛㉒』が、まさにこの誤説を前提とした物語の展開をしており、更になぜこのような「誤説」が流布されたのかの手がかりも与えてくれているからです。以下に記述します。

 

 宮下英樹氏の『センゴク権兵衛㉒』に、伊達政宗石田三成を警戒・敵視した描写が描かれています。以下、引用します。

 

前置きとして 政宗は奉行衆の とりわけ「石田三成」を警戒していた

 豊臣政権の秩序を求める〝一途之仁〟たる三成は「中央集権」を志向し

 一方 野心を秘める政宗は「※戦国大名的独立」を志向する。

  ※地方分権の意。

是は両儀相容れない価値観であった・・・・」

 

②「書状に拠らば

先度の「小田原の陣の頃」

【富田一白から政宗への書状】

「若し又御遅延に至りては一途之仁、御代官として指上せらる」

秀吉への平伏が遅れるなら強硬者(三成)を送るので覚悟せよ-と政宗は脅され」

 

③「「奥州叛乱」の頃にては

政宗書状】

石田治部少輔下向之由候間廿一日此方へ可相立候」

政宗は三成が来ると聞いて 急遽 一揆鎮圧を※六日早め 豊臣への忠誠を示している

※27日予定→21出立」

 

④「そして此度の「上洛」

政宗書状】

「我等不図罷登二付而 治少輔(三成)も 御登ときこえ申候 但いかゝ(いかが)いかゝ」

我らの上洛につき 三成も上洛とはいかがなもの- と政宗は苦言を呈す」(番号は筆者、宮下英樹センゴク権兵衛㉒』講談社ヤンマガKC)、2021年)

 

 上記の個所についてのコメントを述べます。

 

①「前置きとして 政宗は奉行衆の とりわけ「石田三成」を警戒していた

 豊臣政権の秩序を求める〝一途之仁〟たる三成は「中央集権」を志向し

 一方 野心を秘める政宗は「※戦国大名的独立」を志向する。

  ※地方分権の意。

是は両儀相容れない価値観であった・・・・」

 

 三成ら奉行衆を「中央集権」派とし、伊達政宗及び親伊達派(徳川家康前田利家浅野長政)らを「地方分権」派とする区分けは、当時の呼称として不正確なものであるだけでなく、以下に述べるように、この区分分けそのものが不正確であり誤解を招くものです。

 

 織豊・徳川時代には「中央集権」国家は存在しませんし、それを目指した派閥(「中央集権」派等)も存在しません。織豊・徳川時代の国家は「封建国家」です。封建国家とは、大名・諸侯が地方権力の領主としてその地方を支配する権限を与えられ、中央政権はその地方領主連合の長としての存在でしかない国家のことです。織田・豊臣・徳川時代(それ以前の鎌倉・室町時代も含め)を通じて、日本は「封建国家」であり、「中央集権」国家が形成されたことも、またそれが目指されていたこともありません。

「中央集権」国家とは、地方の統治には中央政権から「知事」等が派遣され、「知事」には地方領主としての権力はなく、ただ中央政権から統治のみを任され派遣された役人・官職に過ぎないという体制のことです。(その官職も任期が終われば終了であり、世襲されることもありません。)

 

 では、豊臣政権が目指したものは何だったのか?これは、「考察・関ヶ原の合戦 其の二十 太閤検地とは何か? 」で書いたとおり、(中央集権国家ではなく)「大名集権」国家です。

 戦国時代において、戦国大名の領地の統治権力は強いものではなく、実質戦国大名は支配領域の国衆・小領主の盟主的存在にすぎませんでした。このような、国衆・小領主は大名の家臣といっても独立性が高く(このため、純粋な「家臣」とは言えないのかもしれません)、大名に不満を持てば、機会を見て反抗・反逆しますし、大名同士で戦争が起こり、これはもう負けそうだと見ると、雪崩をうって大名を裏切り見捨てるような存在です。

 こうした支配力の弱い大名の支配体制では、ふとした不満や遺恨がきっかけで、すぐに大名家内部での御家騒動に発展し、争乱になってしまいます。武士は、皆武装した軍事集団ですので、武家の「御家騒動」とはすなわち「戦」という事です。

 これでは、豊臣公議が目指す「惣無事」にもなりませんし、「天下静謐」にもなりません。天下を静謐にするには、大名がその支配領域では家臣団とは隔絶した強大な権力を持ち、家臣が大名に逆らうことのないように上から統制し、「御家騒動一揆=内戦」などが行われることがないようにしないといけません。

 このため、豊臣政権は「惣無事」政策として、太閤検地を推進して大名権力の強化(「大名集権」)をはかることになります。

 

 秀吉の指令により、この「大名集権」政策を推進したのが、石田三成ら「奉行衆」です。(当然、この中には「奉行衆」である浅野長政も含まれます。)これは当然主君である秀吉の命令で行っていることです。彼らは秀吉の命令で政策を行っている訳ですから、たとえば、豊臣政権内に「中央集権派(この呼称自体が間違いですが)」と「地方分権」派があり、この相容れぬ二派の頂点に君主秀吉がいるという政権構図は明らかな間違いです。豊臣秀吉は、政権運営において自らの明確な政策の意思を持ちその実現を強力にはかっていく「独裁型君主」であり、日本ではよくあるような、部下の「〇〇派」と「〇〇派」のバランス・調整をとることで政権をコントロールするような「調整型君主」ではありません。

 秀吉をこのような「調整型君主」と誤解してしまうと、豊臣政権そのものを誤って理解してしまう危険性があります。

 秀吉その人が「大名集権」政策の推進者であり、奉行衆は秀吉の命令に従って動いているにすぎませんので、「中央集権派(大名集権派?)」なる派閥自体が存在しません。

 あえて区分しないと気が済まないなら、「豊臣政権」と「地方大名(伊達・徳川・前田他)」との対立・調整ということになるでしょうか。地方大名は独自の地方権力を持っている訳ですから、それを中央政権(豊臣政権)から干渉されれば、反発することは当然ありうることです。ただし、その地方大名への干渉をしているのは豊臣政権の独裁者である秀吉本人な訳であり、豊臣政権内には派閥対立は存在しない訳です。

 

 地方大名たる伊達政宗は、実際には、このような秀吉の「大名集権」政策に反発し、近世的大名(「大名集権」を果たした大名)に脱皮することを拒否し、「中世的大名=国衆連合の長程度の権力の大名」に留まりたいのが本音だったのかもしれませんが、豊臣政権の傘下の大名になるということは、「近世的大名」に脱皮せよというのが秀吉の指令だった訳であり、この指令に耐えられない大名は、秀吉から「大名失格」とみなされ、改易されても仕方ない過酷な指令といえました。

 

 つまり、秀吉の伊達政宗をはじめ傘下の大名に対して「改易するか」か「取り立てる」かの基準は、「中世的大名(国衆連合の長)」から「近世的大名(家臣・国衆を統制して、一揆・反乱などを起こさせない強力な大名)」に脱皮できるかを、判断基準としている訳です。

 秀吉が、伊達政宗一揆の起こった(政宗自身が扇動したと疑われる)旧大崎・葛西領へ転封したのも、「自分の支配地域で、一揆など起こさせない強力な近世的大名に脱皮せよ」と政宗に課題を押し付けた訳で、この課題を解決する能力がないと秀吉がみなせば、政宗は秀吉によって改易のうきめにあうことになります。

政宗が上洛した、親伊達派の取り成しによって許された、あるいは政宗が秀吉のお気に入りなので許された」、等により政宗が許された、といった単純な話ではなく、秀吉は政宗に「テスト」を仕掛けているのであり、政宗に対する「テスト」は政宗上洛後もずっと続いている訳です。

 また、はじめから秀吉は政宗を「テスト」にかけるつもりだったので、政宗を許すのはそもそも秀吉政権(石田三成ら奉行衆も含む)にとっても既定事項であり、これに秀吉の配下である奉行衆が反発することもありえません。

 

 政宗が、この秀吉の「大名集権」政策に反発し続けるならば、「是は両儀相容れない価値観であった」ことになり、結果伊達家は改易ということになりますが、これは政宗「秀吉と相容れない」結果ということになります。(「三成ら奉行衆と相容れない」ということではありません。)実際には、伊達家は豊臣政権から改易されなかった史実をみれば、秀吉による伊達政宗へのテストの採点は一応「及第点」だったのでしょう。

 (2)に続きます。((2)は以下です。↓)

koueorihotaru.hatenadiary.com

 

 参考文献

宮下英樹センゴク権兵衛㉒』講談社ヤンマガKC)、2021年

石田三成関係略年表③ 天正十二(1584)年 三成25歳-小牧・長久手の戦い

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る 

石田三成関係略年表①(永禄三(1560)年~天正十(1582)年(1~23歳) 

石田三成関係略年表② 天正十一(1583)年 三成24歳-賤ケ岳の戦い 

石田三成関係略年表④ 天正十三(1585)年 三成26歳-紀州攻め、「治部少輔」三成、真田家との取次 

 

 このページは、

石田三成関係略年表③ 天正十二(1584)年 三成25歳-小牧・長久手の戦い

 のページです。

(★は当時あった主要な出来事。■は、石田三成の出来事) 

 

一月 ★秀吉、「近江の坂本まで出てきて、信雄と三井寺で会見」(小和田哲男、p122)する。

三月六日 ★「織田信雄が親秀吉派の重臣・津田雄光ら(筆者注:津田雄光・岡田重孝・浅井長時)を殺害する。その後、徳川家康とともに挙兵する(小牧・長久手の戦い開始。)(柴裕之、p185)(柴裕之、p78)

三月七日 ★織田信雄、土佐の香宗我部親泰(長宗我部元親家臣)に書状を送る。秀吉方についた家臣を成敗した内容が書かれている。(小和田哲男、p123)

三月十三日 ★徳川家康尾張清須城に着き、信雄と対面。作戦会議を開き、陣城の構築を指示する。(柴裕之、p80)(小和田哲男、p123)

三月十三日 ★秀吉方の池田恒興尾張犬山城を攻略。(小和田哲男、p129)

((柴裕之、p80)では、三月十四日になっています。)

三月十四日 ★秀吉方の蒲生氏郷堀秀政、伊勢の信雄方の峰城を攻略。(小和田哲男、p130)

三月十五日 ★森長可池田恒興の女婿)、兼山城を出る。(小和田哲男、p130~131)

三月十五日 ★家康家臣の酒井忠次小牧山に本陣を置く。(小和田哲男、p131)

三月十五日 ★「毛利氏の使僧であった安国寺恵瓊は(一五三七?-一六〇〇)は、秀吉の命を受けて豊後大友氏のもとに使者として赴き、島津義久にも書状を出して、秀吉と毛利氏の和睦が成立したことを伝え、秀吉が鷹を所望していることを伝えている(旧)。この時点で毛利氏が豊臣政権に取り込まれたこと、そして安国寺を介して秀吉と大友氏が繋がったことを、義久に正式に知らされたのである。

 なお、この時大友宗麟は、安国寺恵瓊に対して、秀吉に天下三肩衝のひとつ「新田肩衝」と天下の四茄子茶入のひとつ「似たり茄子」(百貫茄子)を献上している(尾下成敏二〇一〇年)。」(新名一仁、p195)

三月十六日 ★秀吉の弟、秀長、伊勢松ヶ島城を攻める。(小和田哲男、p130)

三月十六日 ★森長可、兵3000で、犬山城の南の羽黒近く八幡林のあたりまで出てくる。(小和田哲男、p131)

三月十七日 ★酒井忠次松平家忠・奥平信昌ら5000の兵を率いて、八幡林の長可を急襲。長可は羽黒に退いたが、そこでさらに攻撃を受け敗走した(羽黒の戦い)。(小和田哲男、p131)

三月十九日 ★秀吉の弟、秀長によって、伊勢松ヶ島城が開城。(小和田哲男、p124)

三月二十日 ★佐竹義重、「秀吉へ「遠境候共無二可申議候」と同盟の再確認の意思を述べ(「紀伊風土記」『大日本史』11-14、八〇頁)、黄金二〇両を進呈する」(立花京子、p235)

三月二十一日 ★羽黒の戦いの敗報を聞いた秀吉、大軍を率いて大坂城を出発。(小和田哲男、p132)((柴裕之、p80)では、三月十日となっています。)

三月二十二日 ★反秀吉方である根来・雑賀衆が秀吉出陣の報を聞き、動き出す。岸和田ではげしい戦いがくり広げられる。(小和田哲男、p133)

三月二十四日 ★粂田で根来・雑賀衆と秀吉方の合戦。(小和田哲男、p134)

三月二十四日 ★島津・有馬連合軍、沖田畷の戦いで龍造寺軍を破る。龍造寺隆信戦死。(新名仁、p140~142)

三月二十四日 ★秀吉、岐阜に到着。(小和田哲男、p132)

三月二十五日 ★家康、下野の皆川広照に秀吉を糾弾する書状を送る。この書状には、羽黒の戦いの勝利が喧伝されている。(小和田哲男、p123)

三月二十六日 ★根来・雑賀衆が大坂まで攻め入り、大坂が大混乱となる。その後、大坂を守る中村一氏蜂須賀家政黒田長政宇喜多秀家勢が反撃に転じ、追い戻すことに成功した。(小和田哲男、p134)

三月二十六日頃 徳川方だった信濃木曽義昌が羽柴方に転じる。(平山優、p118)

三月二十六日 「秀吉は佐竹義重に書を送って、伊勢・伊賀を平定し、犬山城をぬき、明日、清須に家康を攻めるので、もし家康が出てくるにおいては、一戦をとげ、討ち果たすべしなどと広言している。もっとも、秀吉が言いたかったのは、木曽義昌上杉景勝の両名は、秀吉に対し無二の入魂であるので、この二人に連絡の上、家康征伐に動くことが肝要である、というところにあったはずである。景勝・義重らを動かして、はるかに、家康の背後を討たせようとするのであった。」(児玉彰三郎、p69)

三月二十七日 ★秀吉、犬山城に到着。陣城の構築を指示。(小和田哲男、p132)(柴裕之、p80)

三月二十八日 ★秀吉、家康の本陣である小牧山の東わずか約2.2キロの楽田を本陣とし、家康と対峙。(小和田哲男、p132)

三月 ■「景勝は、秀吉の使者として舟岡源左衛門尉を上洛させて修好を深めているが、この際にも三成が木村吉清・増田長盛とともに応接している。」(中野等、p22)①

四月二日 ★四月二日付で信雄が家臣の吉村氏吉に与えた文書に、雑賀勢が二万丁の鉄砲を装備して大坂を攻め「勝利」したことが書かれている。(小和田哲男、p134)

四月六日 ★三好信吉(羽柴秀次)、池田恒興・元助、森長可堀秀政ら率いる1万6千の軍が三河へ向けて進軍。(小和田哲男、p137)((柴裕之、p80)では2万4千となっています。)

四月八日 ★三好信吉らの軍勢は、徳川方の尾張岩崎城を攻略。(柴裕之、p80~82)

四月九日 ★「長久手の戦いが起こり、(筆者注:秀吉軍が)徳川家康の軍勢に破れ、羽柴方の池田恒興森長可らが戦死する。」(柴裕之、p185)(小和田哲男、p139)  「

四月二十日 ■「『宇野主水日記』天正十二年四月二十日条から確認されるように。三成や増田長盛らも秀吉の陣所(尾張国犬山)にあったが、先の陣立書には名前を確認することができない。三成や長盛のつとめは秀吉に近侍することであり、軍勢を率いて戦闘にあたる立場にはなかったからであろう。」(中野等、p23)②

四月二十三日 ★北条氏直から家康宛に長久手の戦勝を祝う書状が送られている。(小和田哲男、p138~139)

五月一日 ★秀吉、楽田から撤退。ただし、一部の軍が撤退しただけであり、主力部隊はそのまま残ったため、にらみ合いはなお続いた。(小和田哲男、p140)

五月四日 ★秀吉、細川忠興を先鋒の将として加賀井重宗の守る美濃加賀井城(信雄の支城)を攻め、これを落とす。(小和田哲男、p141)

五月六日 ★秀吉、不破広綱の守る美濃竹ヶ鼻城(信雄の支城)を攻める(小和田哲男、p141)

五月十一日 ★竹ヶ鼻城攻めを水攻めにきりかえる。(小和田哲男、p141)

五月 ★「北国越中では、佐々成政が信雄・家康に呼応する動きを開始し、五月には上杉景勝との連携を模索する。秀吉方の前田利家上杉景勝にはさまれたままでは、思うままに動くことができないと、成政は判断したのであろう。」(中野等、p23)㋐

五月から七月 沼尻合戦。(佐竹・宇都宮・佐野氏らの北関東の反北条勢力と北条氏との戦い。「この合戦は紆余曲折の末、北条軍が戦局を優位に進めたうえで和睦している。」(平山優、p111)しかし、この沼尻の長陣は、北条氏を関東に釘付けにさせる重大な影響を及ぼしました。

六月四日 ★秀吉、佐竹義重に「書を送り、景勝・義昌は秀吉と入魂であるので、安心して北条氏直を攻略すべきことをすすめている。」(児玉彰三郎、p69)

六月十日  ★竹ヶ鼻城の不破広綱、秀吉に降伏。(小和田哲男、p142)

六月十一日 ★「上杉景勝は、成政の誘いに応じなかったが、こうした事態をうけて、秀吉は景勝に対し、証人(人質)の上洛要請を要求する。成政の動きを警戒せざるをえず、秀吉は景勝の去就を確かめる必要があった。六月に景勝は一門の上条政繁上杉謙信の養子。当時は入道して「宜順」と号していた)の子義真を自らの養子に迎え、秀吉の許へ送った。」(中野等、p23)㋑「六月十一日、景勝は証人を上方へ差し登すについて、上条宜順の軍役ならびに諸役を停止した。」(児玉彰三郎、p70)

六月十二日 ★家康、秀吉が大坂に戻り始めたことを受け、小牧山酒井忠次に任せ、自らは清須城に入る。(小和田哲男、p142)(柴裕之、p82)家康、羽柴方となった滝川一益尾張蟹江城を攻撃。(柴裕之、p82)

六月十三日 ★秀吉、岐阜城に立ち寄る。(小和田哲男、p142)

六月二十日 ★東義久(佐竹一門)は、秀吉宛書状に佐竹義宣北条氏直の長陣に勝負を決する所存を秀吉に報告している。(立花京子、p236)「北条氏軍を小牧・長久手の戦いでの家康救援に向かうことを阻止していたのは、まさしく秀吉・北関東同盟の効力によるものであった。」(立花京子、p236)

六月二十八日 ★秀吉、大阪城に戻る。(小和田哲男、p142)

七月三日 ★家康、尾張蟹江城の滝川一益を降伏させた。(柴裕之、p82)

この頃 ★「家康は同盟関係にある相模北条氏に援兵の派遣を求めた。だが北条氏は、秀吉に従う常陸佐竹氏をはじめとした北関東の大名や国衆と下野国沼尻(栃木県栃木市)で対峙しつづけ、援軍の派遣は果たせずにいた。」(柴裕之、p82)

七月七日 信濃小県郡室賀正武、家康の命により密かに真田昌幸暗殺をはかろうとするが、発覚して逆に暗殺される。(平山優、p147~148)

七月八日 東義久・梶原政景(佐竹家臣)宛ての秀吉書状では、秀吉は「対信雄・家康戦が優勢のうちに推移していることを詳述している。」(立花京子、p236)

七月十一日 ■上杉景勝からの証人(人質)である義真の上洛を受け、一旦尾張から帰陣していた秀吉は、七月十一日付で景勝宛に証人の上洛を告げる書状を発する。(中野等、p24)「同日付で三成・木村吉清・増田長盛の三名も直江兼続(山城守)に充てた連署状を送り、秀吉が証人の上着をことのほか喜んでいることを告げている。」③(中野等、p24)

八月十六日 ★秀吉、ふたたび大軍を率いて大坂城を出発、尾張に向かう。(小和田哲男、p142)((柴裕之、p82)では八月二十六日になっています。)

八月十八日 ★「秀吉は、上杉景勝に「貴慮之御手柄故、彼凶徒即時ニ如此之段、御勇武不申足候」と述べて、上杉氏が上州境目まで兵を出したことにより、佐竹・北条対戦の長陣に決着がついたことを深謝している(中略)さらに、将来行うであろう出馬について秀吉は、「併御方申談東国於令発向者、彼滅亡不可廻踵候条、可被任御存分儀眼前候事」と述べて、それが北条氏の望む上杉氏の意に沿うであろうことも告げている。佐竹氏も北条氏の北関東侵攻対策として、景勝の援助を依頼していた。」)(立花京子、p236)㋒

八月二十六日 ★八月二十六日付で家康が郷村からの百姓に対する総動員命令書が発せられている。(小和田哲男、p143)

八月二十七日 ★秀吉は、遅くとも八月二十七日には楽田に入っている。(小和田哲男、p142)

八月二十八日 ★秀吉、陣地を楽田から「こほり筋」に移した。家康も清須から出陣し、岩倉城に入る。(小和田哲男、p144)

八月 秀吉が美濃の駒野城を攻めたときの陣立て注文の鉄砲衆に、鈴木孫一雑賀衆の中心メンバーの一人)の名前がある。(小和田哲男、p134)

九月二日、六日 ★双方の停戦の交渉が行われた。(小和田哲男、p144)

九月七日 ★停戦の交渉が打ち切られた。家康は重吉に本陣を映している。(小和田哲男、p144)

九月九日 ★佐々成政は前田方の末森城を攻めるが、上杉・前田の軍勢に挟撃されて、結局は苦戦を強いられることになる。」(中野等、p24)㋓(児玉彰三郎、p72)

九月十五日 ★秀吉、蒲生氏郷に命じ信雄家臣の木造氏の守る伊勢戸木城を攻めさせ、これを陥落させる。(小和田哲男、p145~146)

九月 ★「足利義昭毛利輝元は、天正十二年(一五八四)九月の時点で、島津義久に出陣を求め、龍造寺・秋月氏と共に大友氏包囲網を築こうとしていた。」(新名一仁、p194)

九月 ★「秀吉からの所望により、大友家の家宝「吉光骨啄刀(よしみつほねはみとう)」(粟田口吉光の作刀と伝えられる名刀)も(筆者注:大友宗麟より秀吉へ)献上されている(大友家文書)。」(新名一仁、p195)

十月二日 ★秀吉、はじめて叙爵され、従五位下・左近英衛権少将に任じられた。(小和田哲男、p148)

十月~十一月 ★「織田信雄の領国である南伊勢を攻略し、さらに信雄居城の伊勢長島城の近辺の桑名に進軍する。」(柴裕之、p185)

十一月六日 ★秀吉、信雄の居城・伊勢長嶋城の近辺にまで進軍。(柴裕之、p83)

十一月十二日 ★秀吉、「織田信雄と講和する。(実質的には信雄の降伏承認。)直後に家康とも講和し帰国する(小牧・長久手の戦い終結。)」(柴裕之、p185)((小和田哲男、p147)(児玉彰三郎、p73)では、十一月十五日となっている。)

十一月十六日 ★家康も秀吉との講和に応じた。(小和田哲男、p147)「家康は、二男の於義丸を秀吉に差し出している。これは、名目上は養子という形をとっているが実質は人質である。」(小和田哲男、p147)((中野等、p25)では、十二月となっています。これは、実際に降伏の証として、家康が息子の秀康を送り出したのが十二月十二日(跡部信、p211)であることによることによると思われます。)

十一月二十七日 ■「十一月二十七日の日付をもつ「江州蒲生郡今在家村検地帳に尼子六郎左衛門・石田左吉・宮木長次・豊田竜介・森浜吉と署名が残っており、」(中野等、p25)この時期、三成が近江国内の検地に関わっていたことが分かります。(中野等、p25)④

十一月末 ★佐々成政越中より雪深い峠を越え、家康のいる浜松を目指す。(児玉彰三郎、p73)

十一月二十八日 ★秀吉、「従三位権大納言となり、官位でも(筆者注:当時、正五位左近衛中将にあった)織田信雄を凌駕する。」(柴裕之、p185)(柴裕之、p84)((小和田哲男、p148)では、十一月二十二日となっています。)((中野等、p24)では、十月となっています。)

十二月十二日 ★家康、息子の義伊(秀康)を浜松から秀吉の許へ送り出す。(跡部信、p211)

十二月十五日 ★秀吉、上杉景勝家臣の須田満親に「書を与え、このたびの佐々成政の反逆にさいし、速やかに景勝が出馬し、堺城を攻略した功績は比類ないものであるともちあげ、尾勢では、信雄・家康の懇望により、和議を結んだことを伝え、いずれも、人質として実子をとっておいたと報じている。」(児玉彰三郎、p73)㋔

十二月二十五日 ★佐々成政、浜松で家康と面会、再挙を促すも家康に断られる。(児玉彰三郎、p73)

十二月二十六日 ★義伊(秀康)、大坂に到着する。(跡部信、p211)

 

コメント

 天正十二(1584)年(三成25歳の頃)は、小牧・長久手の戦いに代表される、羽柴秀吉織田信雄徳川家康との戦いが起こった年です。

小牧・長久手の戦いは、三月六日に織田信雄が親秀吉派の重臣・津田雄光らを殺害し、徳川家康とともに挙兵したことから始まり、十一月十二日(十五日)に織田信雄が秀吉に事実上降伏することにより終わりました。

この戦いは、ただ秀吉派と信雄・家康派の戦いであるにとどまらず、周囲の大名もいずれかの陣営について戦い、関ケ原の戦いにも比肩する「天下分け目の戦い」とみられるような大規模な戦役でした。(藤田達生、p1)この二派を分けると以下のようになります。

 

羽柴秀吉

羽柴秀吉畿内・中国地方)、毛利輝元(中国地方)、宇喜多秀家備前・美作)、筒井順慶(大和)、細川忠興(丹後)、丹羽長秀(越前・加賀)、堀秀政(近江)、前田利家(加賀・能登)、池田恒興(美濃)、木曽義昌信濃)、上杉景勝(越後)、佐竹義重常陸)等

 

織田信雄徳川家康

織田信雄尾張・伊勢・伊賀)、徳川家康(甲斐・駿河遠江三河信濃)、長宗我部元親四国地方)、雑賀・根来衆等(紀伊)、佐々成政越中)、小笠原貞慶信濃)、北条氏政(関東地方)等

 

 四月九日の長久手の戦いの徳川の勝利がクローズアップされることが多い小牧・長久手戦役ですが、長久手の戦いは緒戦における局地戦にすぎず、自らの要の城をいくつも秀吉に落された織田信雄は最終的に降伏を余儀なくされ、徳川家康も人質(息子の秀康)を秀吉の許に送って講和するより他ありませんでした。結局、全体の戦いとして勝利したのは秀吉だったといえます。しかし、この時点でなぜここで秀吉は信雄・家康を完全に滅ぼす選択を選ばず、講和による限定的勝利でおさめることにしたのでしょうか。

 それは、信雄・家康だけでなく、長宗我部、雑賀・根来衆、佐々、北条等の信雄・家康に与する諸侯が各地で秀吉派を脅かしており、軍を一方面に集中させておくのも危険が高く、また多方面に向けて同時に軍を分派して長時間派遣するのも消耗も激しかったためだと考えられます。このため、秀吉は信雄・家康と秀吉に有利な条件で一旦講和を結んだ後、信雄・家康に与していた各地の勢力を個別撃破していく作戦に切り換えたと考えられます。この秀吉の作戦は翌年(天正十三(1585)年)から展開されることになります。

 

 外交戦において、秀吉は特に徳川・北条同盟に対抗するために、上杉及び佐竹等北関東諸侯との同盟を強化し、上杉及び佐竹等北関東諸侯に徳川・北条の背後を突かせるよう工作を行うことになります。佐竹等北関東諸侯と沼尻で長陣を余儀なくされ、上杉の出兵も警戒しなければならなくなった北条は、徳川の救援を向かうことを阻止されることになります。また、立花京子氏は「この時点で北条氏は秀吉にとってすでに「凶徒」であったことに注意すべきである。」(立花京子、p236~237)としています。

 

 この年の小牧・長久手の戦いの頃、石田三成は、以下にあるように秀吉の陣所にあり、秀吉に近侍していました。

四月二十日 ■「『宇野主水日記』天正十二年四月二十日条から確認されるように。三成や増田長盛らも秀吉の陣所(尾張国犬山)にあったが、先の陣立書には名前を確認することができない。三成や長盛のつとめは秀吉に近侍することであり、軍勢を率いて戦闘にあたる立場にはなかったからであろう。」(中野等、p23)②

 

 しかし、以下の記述にあるように「十月の後半以降は、秀吉自身が北伊勢の各地を移動しており、三成も行動を共にしていたわけではなさそうである」(中野等、p25)ようです。

 

十一月二十七日 ■「十一月二十七日の日付をもつ「江州蒲生郡今在家村検地帳に尼子六郎左衛門・石田左吉・宮木長次・豊田竜介・森浜吉と署名が残っており、」(中野等、p25)とあるように、この時期、三成が近江国内の検地に関わっていたことが分かります。(中野等、p25)④

 

 この年に石田三成が秀吉家臣として果たした重要な役割として、上杉との同盟強化があります。

 以前より主に対柴田勝家対策として上杉家との同盟を進めてきた秀吉ですが、この年の五月に織田信雄徳川家康派についた越中佐々成政が、同じ頃上杉家にも織田・徳川派につくようにはたらきかけており、秀吉としては上杉家がどちらの派につくのか、去就をはっきりさせる必要がありました。前年(天正十一(1583)年より、上杉の取次を務めていた増田長盛・木村吉清・石田三成ですが、この年(天正十二(1584)年)、上杉の証人(人質)として景勝の甥(養子)の義真を上洛させることで、羽柴家・上杉家の同盟を強化し、上杉家を織田・徳川・北条派に対抗させることに成功しました。

 これにより、関東の北条氏政・氏直は上杉及び佐竹等北関東諸侯と対峙せねばならず、徳川の援兵に動くことができなくなりました。また、越中佐々成政上杉景勝前田利家に東西から挟まれ苦戦を余儀なくされることになります。

 以下にこの年に行った羽柴家と上杉家との交渉の経過と、上杉景勝らの動向について年表より抜粋します。

 

三月 ■「景勝は、秀吉の使者として舟岡源左衛門尉を上洛させて修好を深めているが、この際にも三成が木村吉清・増田長盛とともに応接している。」(中野等、p22)①

 

五月 ★「北国越中では、佐々成政が信雄・家康に呼応する動きを開始し、五月には上杉景勝との連携を模索する。秀吉方の前田利家上杉景勝にはさまれたままでは、思うままに動くことができないと、成政は判断したのであろう。」(中野等、p23)㋐

 

六月十一日 ★「上杉景勝は、成政の誘いに応じなかったが、こうした事態をうけて、秀吉は景勝に対し、証人(人質)の上洛要請を要求する。成政の動きを警戒せざるをえず、秀吉は景勝の去就を確かめる必要があった。六月に景勝は一門の上条政繁上杉謙信の養子。当時は入道して「宜順」と号していた)の子義真を自らの養子に迎え、秀吉の許へ送った。」(中野等、p23)㋑

 

七月十一日 ■上杉景勝からの証人(人質)である義真の上洛を受け、一旦尾張から帰陣していた秀吉は、七月十一日付で景勝宛に証人の上洛を告げる書状を発する。(中野等、p24)「同日付で三成・木村吉清・増田長盛の三名も直江兼続(山城守)に充てた連署状を送り、秀吉が証人の上着をことのほか喜んでいることを告げている。」(中野等、p24)③

 

八月十八日 ★「秀吉は、上杉景勝に「貴慮之御手柄故、彼凶徒即時ニ如此之段、御勇武不申足候」と述べて、上杉氏が上州境目まで兵を出したことにより、佐竹・北条対戦の長陣に決着がついたことを深謝している(中略)さらに、将来行うであろう出馬について秀吉は、「併御方申談東国於令発向者、彼滅亡不可廻踵候条、可被任御存分儀眼前候事」と述べて、それが北条氏の望む上杉氏の意に沿うであろうことも告げている。佐竹氏も北条氏の北関東侵攻対策として、景勝の援助を依頼していた。」)(立花京子、p236)㋒

 

九月九日 ★佐々成政は前田方の末森城を攻めるが、上杉・前田の軍勢に挟撃されて、結局は苦戦を強いられることになる。」(中野等、p24)㋓

 

十二月十五日 ★秀吉、上杉景勝家臣の須田満親に「書を与え、このたびの佐々成政の反逆にさいし、速やかに景勝が出馬し、堺城を攻略した功績は比類ないものであるともちあげ、尾勢では、信雄・家康の懇望により、和議を結んだことを伝え、いずれも、人質として実子をとっておいたと報じている。」(児玉彰三郎、p73)㋔

 

※ 参考エントリー↓

考察・関ヶ原の合戦 其の三 (1)「外交官」石田三成~上杉家との外交①三成、外交官デビュー 

 

 参考文献

小和田哲男『戦争の日本史15 秀吉の天下統一戦争』吉川弘文館、2006年

児玉彰三郎『上杉景勝』ブレインキャスト、2010年

柴裕之編著『図説 豊臣秀吉戎光祥出版、2020年

藤田達生「はじめに」(藤田達生編『小牧・長久手の戦いの構造 戦場編 上』岩田書院、2006年所収)

跡部信「秀吉の人質策-家臣臣従策を再建とする-」(藤田達生編『小牧・長久手の戦いの構造 戦場編 上』岩田書院、2006年所収)

立花京子「乱世から静謐へ-秀吉権力の東国政策を中心として-」(藤田達生編『小牧・長久手の戦いの構造 戦場編 上』岩田書院、2006年所収)

新名一仁『島津四兄弟の九州統一戦』星海社新書、2017年

中野等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年

平山優『武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望ー天正壬午の乱から小田原合戦まで』戎光祥出版、2011年

石田三成関係略年表② 天正十一(1583)年 三成24歳-賤ケ岳の戦い

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る 

石田三成関係略年表①(永禄三(1560)年~天正十(1582)年(1~23歳) 

石田三成関係略年表③ 天正十二(1584)年 三成25歳-小牧・長久手の戦い 

石田三成関係略年表④ 天正十三(1585)年 三成26歳-紀州攻め、「治部少輔」三成、真田家との取次 

 

 このページは、

石田三成関係略年表②(天正十一(1583)年 三成24歳ー賤ケ岳の戦い

のページです。

(★は当時あった主要な出来事。■は、石田三成の出来事)

 

この頃 ■三成次女(岡重政室、通称小石殿)誕生(白川亨、p72~73)

正月一日 ★秀吉、姫路に向かって出発。(小和田哲男Ⅱ、p69)

正月十八日 ★徳川家康尾張の星崎まで出向き、織田信雄と何ごとかを相談している。(小和田哲男Ⅱ、p122)

正月二十三日 ■「(筆者注:羽柴)秀吉に対して謀反した淡路国の菅平右衛門の鎮圧に関し、広田蔵丞に書状を発する。」(中野等、p554)

→この「謀反」とは、天正十年(1582)年六月二日の明智光秀の起した本能寺の変後、菅平右衛門が明智方に与同したことについてのものです。この書状は、広田蔵丞からの(戦場での手柄に対する)恩賞の請求に対しての返信の書状です。①

 

正月末日 ★「織田信雄が近江安土城に入る。」(柴裕之、p183)

閏正月 ★「信雄は諸将・諸陣より御礼を受け、三法師「名代」として織田家当主の立場を認められ、秀吉・惟住(丹羽)長秀・池田恒興のもとで政権運営を進めていく。」(柴裕之、p183)

閏正月四日 ★秀吉、姫路城より丹波亀山城に入る。(小和田哲男Ⅱ、p70)

閏正月五日 ★秀吉、山崎城に戻って茶会を開く。(小和田哲男Ⅱ、p70)

二月 ★秀吉、「柴田勝家滝川一益の討伐に動き、北伊勢に出陣する。織田信雄も加わる。」(柴裕之、p183)

二月四日 ★「正月十二日に、越中井波の瑞泉寺塔頭西雲寺の僧と、伊勢の御師である蔵田左京助の二人が、景勝の命をうけ、(筆者注:秀吉との)提携に同意するという趣旨の秀吉の誓詞をもって秀吉のもとに赴いている。この誓詞が二月四日に秀吉の手もとに届いた(後略)」(小和田哲男Ⅱ、p74)

二月七日 ★秀吉、「景勝の家臣須田満親に書状をしたため、誓詞を織田信雄にも披露したことを伝え、自分も誓詞を入れるとしている。(『歴代古案』)」(小和田哲男Ⅱ、p75~76)

「これと同時に、九ヶ条の条目がそえられているが、箇条のみで、必ずしもその内容はわからない。しかし、おそらく、秀吉と景勝が無二の信頼関係を結ぶべきこと、景勝の分国の支配を認めること、柴田征伐にあたっては、期日に従って出兵・援助すべきこと、勝家から、昨夏以来、いろいろ景勝の働きかけが行われているが、これはいっさい無視すること㋐、もし秀吉と勝家との間に和がなることがあっても、景勝と秀吉との関係は維持すべきこと、といった趣旨とみて間違いあるまい。」(児玉彰三郎、p60)

二月七日 ■三成、「越後西雲寺に充て木村吉清・増田長盛とともに連署状を発する。」(中野等、p554)「ここで、(筆者注:西雲寺宛てに)三成らは、上杉家と徳川・北条両家との問題に触れ、秀吉には上杉家と徳川家の仲介を行う用意があることを述べるが、まずは景勝の越中出馬が肝心と佐々成政への牽制を要求している。」(中野等、p15)②この前日(二月六日)付で増田長盛直江兼続に送った書状(この書状の内容は、「秀吉は須田満親を通して景勝へ申し入れ、去冬以来、景勝の内意が議せられていたこと」について書かれていたようです。(児玉彰三郎、p60)が上杉家中に書状を送った初出であり、「対上杉交渉の実務を当初から担ったのは、三成と増田長盛・木村吉清であったといえよう。」(中野等、p15)

二月十三日 ★二月十三日付で柴田勝家吉川元春に書状を送っている。「おそらく、挙兵のときには味方になっていただきたい」「承知した」といった約束がなされていたものと思われる。この書状の中で勝家は、三月二十日以前には江北に出馬することを告げている。

 そして、さらに注目すべきことは、この時期、勝家は足利義昭をかつぎだそうとしていたのである。」(小和田哲男Ⅱ、p72)

二月十六日 ★秀吉、滝川一益の武将佐治新介の籠る伊勢亀山城を攻撃。(小和田哲男Ⅱ、p71)

二月二十八日 秀吉の一益攻撃に織田信雄も加わる。(柴裕之、p72)

三月 ★「柴田勝家が深雪のなかを近江国北部に出陣する。秀吉は迎撃に赴き対峙する。」(柴裕之、p183)

三月三日 ★秀吉、伊勢亀山城を落とす。(小和田哲男Ⅱ、p71)

三月三日 ★「佐久間盛政を先鋒の大将とする柴田軍が越前北ノ城を出陣した。(小和田哲男Ⅱ、p75)

三月七日 ★「柴田軍が木之本付近まで進んできた。その後、少し後退して柳ケ瀬付近が柴田軍三万でうめつくされることになる(後略)」(小和田哲男Ⅱ、p75)

三月十三日 ■三成、「賤ケ岳の合戦に関わって柳瀬の状況を伝えた近江国浅井郡称名寺書状を発する。」(中野等、p554)「冒頭にみえる「柳瀬」なる地名は、勝家が本陣を置いたところである。三成は、称名寺とその配下をつかって柴田勢の動向を探ったわけである。秀吉自身の長浜から木之本への移動も、こうした情報を基にした作戦であった。(中野等、p17~18)③

三月十七日 ★伊勢で知らせを聞いた秀吉、木之本付近へ戻り、柴田軍と対峙する。(小和田哲男Ⅱ、p76)

三月十七日 ★秀吉、賤ケ岳を占拠する。(小和田哲男Ⅱ、p76)

三月十七日 ★秀吉、上杉家臣須田満親に対して、景勝の越中出兵を乞う。(児玉彰三郎、p61)

この頃   ★秀吉、丹羽長秀と連絡をとり、若狭から越前の敦賀へ攻め入るよう要請。(小和田哲男Ⅱ、p76)

四月 ★「復権を企てる織田信孝が挙兵する。秀吉は信孝の母を磔刑とした」(柴裕之、p183)

四月二日 ★この日、羽柴方と柴田方で激しい戦いがあったようである。(小和田哲男Ⅱ、p78)

四月三日 ★四月三日付で秀吉は、弟秀長に書状を発している。「一、惣構えの堀より外へ鉄炮放候事ハ申すに及ばず、草かりふせいニ至まで一人も出す間敷事。」(小和田哲男Ⅱ、p78)等とある。また、この書状に秀吉自ら播磨に出陣する予定が書かれていますが、小和田哲男氏はこれが秀吉の本心であったかは疑問としており、この情報を真に受けた柴田軍が「惣構の堀」に攻めてきたところを迎え撃つ作戦だったのではないかとしています。(小和田哲男Ⅱ、p80)

四月六日 ★四月六日付で足利義昭が、吉川元春・元長へ御内書を発する。これは、「柴田勝家が江北に出陣し、秀吉と戦っている隙に上方に出陣して秀吉を挟み撃ちにすべきことを(筆者注:毛利方へ)要請した内容である。」(小和田哲男Ⅱ、p72~73)しかし、毛利側では相談の結果、秀吉と勝家のいずれが勝つか分からないため、どちらにも味方せず、形勢を見守ることとなった。(小和田哲男Ⅱ、p73)

四月十三日 ★上杉景勝は、書状にて島津左京亮に、四月頃真田昌幸が海ヶ淵に城を築いたことを知らせている。(笹本正治、p131~132)

四月十六日 ★秀吉、織田信孝の蜂起を受けて岐阜城攻めに向かい、「美濃大垣城に着陣する。」(柴裕之、p183)(小和田哲男Ⅱ、p77・80)

四月二十日 ★「勝家は甥の佐久間盛政に賤ヶ岳の秀吉方陣地を攻撃させ、中川清秀らを討ち死にさせる。」(柴裕之、p74)

四月二十日 ★佐久間盛政、大岩山砦・岩崎山砦を落とす。(小和田哲男Ⅱ、p81)

四月二十日 ■秀長は盛政が動いたのを、すぐに大垣城の秀吉に知らせたと考えられます。

 佐久間盛政が大岩山砦を落としたのが午前十時頃で、その報が伝わったのが何時頃からは不明ですが、秀吉が大垣を出発したのが午後四時のため、それより前に報を受け取ったことになります。この時、秀吉軍は約一万五千の兵を率いて大垣城を出発。大垣から木之本までの52キロを午後四時から午後九時までの五時間で急行するいわゆる「美濃大返し」を行います。これが賤ケ岳の勝利を決定づけました。(小和田哲男Ⅰ、p86~88)(小和田哲男Ⅱ、p82)

 小和田哲男氏は、このお膳立てを石田三成兵站奉行が行ったものとみています。(小和田哲男Ⅰ、p86~88)具体的には、「出発前に石田三成らに命じ、北国脇往還沿いに松明と握り飯を用意させた」(小和田哲男Ⅱ、p82)といいます。

 また、小和田氏によると、そのときの街道沿いの村々にはおもしろい話が伝わっており、その時の羽柴軍は槍も持たず、手ぶらで走ったという話が残っているということです。小和田氏は「長浜城には武器庫があり、それを三成が木之本周辺に運ばせた可能性はあり、手ぶらで走ったということも十分考えられる。」(小和田哲男Ⅰ、p87~88)としています。④

四月二十日 ★秀吉、木之本に到着して少しの休憩を挟んで佐久間盛政に総攻撃を行う。

四月二十一日 ★秀吉、「柴田勝家と戦い、勝利する(賤ヶ岳の戦い)。」(柴裕之、p183)

「賤ケ岳付近で戦いがはじまったのは二十一日の午前二時ごろである。賤ケ岳の戦いは野戦であった。」(小和田哲男Ⅱ、p85)

この時に活躍したのが、秀吉の近習衆である「賤ケ岳の七本槍」である。(実際には、 九人の武将が特に活躍したようである。「賤ケ岳の七本(九本)槍」は以下の七(九)名。

 福島正則脇坂安治加藤嘉明加藤清正平野長泰片桐且元糟屋武則・(石河兵助)・(桜井佐吉)(小和田哲男Ⅱ、p82~83)

■「『一柳家記』には、賤ケ岳合戦当日、秀吉側の「先懸衆」として柴田軍に突撃した将兵十四人の名前が見えるが、その中に三成の名も含まれている。」(森岡榮一、p94)⑤

四月二十一日 ★柴田方であった前田利家は戦線を離脱し、塩津から越前へ戻り始めた。同じく金森長近・不破勝光の隊も兵を引く。(小和田哲男Ⅱ、p85~87)

四月二十二日 ★秀吉、戦線離脱して府中城に戻っていた前田利家を訪ねる。利家は柴田勝家の居城である北ノ庄城攻めの先鋒になることを承諾する。(小和田哲男Ⅱ、p88)

四月二十二日 ★『古今消息集』によると、四月二十二日付で家康が秀吉に対して、対柴田勢勝利を祝した書状を送っています。(小和田哲男Ⅱ、p119~120)小和田哲男氏は、この文書を真書として扱っていますが、小和田氏が指摘する通り、賤ケ岳の戦いの勝利を家康が知ったのは四月二十五日(小和田哲男Ⅱ、p121)であり、この書状には原本もないことから偽文書の可能性が高いのではないかと個人的には考えます。(この書状が真書の場合は、四月二十一日の賤ケ岳の戦いではない別の関連した戦いの勝利を祝したものということになります。)

四月二十三日 ★秀吉、北ノ庄包囲を開始。(小和田哲男Ⅱ、p88)

四月二十四日 ★秀吉、「勝家の居城であった越前北庄城を攻落させ、勝家・小谷の方らを自刃に追い込む。」(柴裕之、p183)

四月二十四日 ★信雄、信孝討伐のため美濃国へ向かい、岐阜城攻略。(柴裕之、p74)

四月二十七日 ★四月二十七日の書状で、「秀吉が(筆者注:毛利)輝元に対し、戦勝報告とともに、輝元からの陣中見舞いの礼を述べているくだりがある(後略)」(小和田哲男Ⅱ、p73~74)

四月二十八日 ★柴田方であった能登前田利家越中佐々成政も秀吉の幕下に降る。(中野等、p21)(※前田利家については、前述したとおり既に降っています。)

「北陸の旧織田領国を傘下におさめることで、直接上杉家と領域が接することとなり、秀吉と上杉家の関係は一転して緊張したものになる。これまでは、一種の遠交近攻策として、秀吉と上杉家とは同盟関係にあったが、越後国内に新発田重家(筆者注:景勝に背き頑強に抵抗した越後の国衆で、景勝の仇敵的存在)の謀反を抱える上杉景勝は関東・信濃の不安定要素もあって、必ずしも秀吉の要請に応えてきてはいなかった。こうした状況下、秀吉は越後上杉家の執り次を佐々成政に委ね、境界確定などの困難な交渉を進めさせることとした。ちなみにこの時期佐々成政新発田重家(因幡守)に書状を発して秀吉に誼を通じるように促している㋑(後略)」(中野等、p21)

四月二十九日 秀吉、直江兼続らに書状を送る。この中で、秀吉は越中に出兵しなかった景勝のことをなじっている。それにも関わらず景勝との懇親をあつくしたいと述べてはいる(児玉彰三郎、p62)が、景勝に対する秀吉の信頼度が下がっていることが伺えます。

五月二日 ★「織田信孝尾張大御堂寺で自刃する。」(柴裕之、p183)

五月五日 ★秀吉、近江長浜城に凱旋。(小和田哲男Ⅱ、p98)

五月十五日 ★秀吉は、小早川隆景宛に賤ケ岳の戦いの戦勝報告を行っている。(その中で秀吉は、「東国は氏政、北国ハ景勝まで、筑前覚悟に任せ候」と書いてあるが、この時期に北条は秀吉に靡いていたわけでもなく、上杉もまだ臣従していないため、誇大宣伝といえる。)(小和田哲男Ⅱ、p94~95)

五月二十一日 ★徳川家康重臣石川数正を派遣し、秀吉に戦勝祝いを述べるとともに、祝いの品を持参させている。この祝いの品の中に茶器の名物である「初花肩衝」があった。(小和田哲男Ⅱ、p121)

六月 ★「秀吉、摂津大阪城に入り、自身の居城として強大な城郭を築き始め、信長後継の天下人としての立場を示しだす。近江安土城にいた織田信雄と三法師は追われる。」(柴裕之、p183)

六月 ■「対勝家戦の戦勝を祝う上杉景勝の使者として、大石元綱(播磨守)が秀吉の下に派遣される。景勝は秀吉に太刀一腰と馬一疋を贈っているが、木村吉清・増田長盛らとともに大石元綱の対応にあたった三成にも景勝から馬・白布を贈与されている。もとより、これまでの好誼をふまえたものである(後略)」(中野等、p21)⑥

六月 ★滝川一益、秀吉に降伏。(柴裕之、p74)

六月二日 ★秀吉、「信長の一周忌法要を行った後、池田恒興を移封させることで得た摂津大坂状に入った。」(柴裕之、p76)この後、秀吉は大坂城を自身の居城として巨大な城郭を築き始めます。(柴裕之、p76)

六月二十八日 ■三成、「上杉家の狩野秀治・直江兼続に書状を発する。」(中野等、p554)同日付で秀吉より景勝へ、前述した大石元綱の戦勝の使者と贈り物に対する秀吉の謝意と、以後の懇親を約する書状が発せられている(児玉彰三郎、p63)ので、その副状と考えられます。⑦

七月四日 ■『宇野主水(本願寺門主顕如に仕えた右筆)日記』の七月四日条に、石田三成の記述がみられる。この年の七月からはじまる『宇野主水日記』には、「筑州家中出頭面々」として、杉原家次・浅野長吉(長政)・増田長盛羽柴秀長堀秀政・蜂屋頼隆・津田信張に並んで石田左吉の名が上がる。(中野等、p8~9)この三成24歳の頃より、三成が秀吉家中で既に枢要の任務についていたことが分かります。⑧

八月 ★秀吉、「独特な糸印を用いた朱印状を発給し始める。」(柴裕之、p183)

八月十六日 ■「三成と長盛の連署で、直江兼続(山城守)・狩野秀治(讃岐守)に充てて「覚」を発している。(『上越市史』二-二九六六号文書)。ここでは上杉家から出すべき証人(人質、史料上の表現は「質物」とある)のこと及び「御縁辺之儀」(すなわち婚姻関係)を整えることが議せされ、さらに信州における徳川家の「郡割」や越中佐々成政のことなどが問題となっている。また、「出羽・奥州・佐州之儀、景勝様御取次之段、先度如被申談たるへき事」と既定であったとはいえ、奥羽や佐渡の「取り次ぎ」を景勝に委ねる、と改めて言明している。」(中野等、p22)⑨

八月二十四日 ★「徳川実紀」等にこの日、徳川家康が信州上田城真田昌幸に与えたとの記載がある。(平山優、p77)

八月二十八日 ★秀吉、大阪城の普請総奉行を務める黒田孝高に五か条の「掟」を与える。(小和田哲男Ⅱ、p104)

九月一日 ★『兼見卿記』によると、九月一日を大坂城の普請の開始日としている。(小和田哲男Ⅱ、p105)

十月 ★織田信雄、「十月から父信長の「天下布武」印に似た「威加海内」の印文を刻んだ馬蹄形印判を使用して領国支配に臨んでいく。ここに信雄は、自分こそが天下人織田家の当主であると改めて表明したのだ。」(柴裕之、p78)

十月一日 ★秀吉、築城工事中の大阪城で毛利家から送られた小早川元総(秀包)、吉川経言(広家)の二人の人質と謁見。吉川経言は帰国させた。(小和田哲男Ⅱ、p107)

十一月 ★「織田信雄が機内で切腹したとの風聞が流れる険悪な情勢が生じる。」(柴裕之、p183)

十一月 ★この頃、大阪城の天主台が完成した。(小和田哲男Ⅱ、p108)

十一月十五日 ★「秀吉からの督促を受け、家康は十一月十五日、北条氏に「関東惣無事」の指示を伝達し、熟慮して対応するよう促した。」(柴裕之、p77~78)

十二月 ★「上杉宜順が(筆者注:直江)兼続に書状を送り、証人を出すことを承諾しているが、これは宜順の孫弥五郎を、上杉氏の秀吉への証人として上方に登せることに他ならなかった。」(児玉彰三郎、p65)

 

コメント

 織田信雄羽柴秀吉派と織田信孝柴田勝家派との対立は、天正十(1582)年の十二月から、武力衝突に発展しました。天正十一(1583)年四月二十一日の賤ケ岳の戦いによりこの対立は、織田信雄羽柴秀吉派の勝利に終わり、織田信孝柴田勝家派を打倒しました。

 この戦いの勝利後、絶大な権力を握った羽柴秀吉は大坂を居城として巨大な城郭を構築し始め、その大坂城の普請を旧織田信長家臣たちに手伝わせる(小和田哲男Ⅱ、p105)など、自らが主君のように振舞い始めることになります。秀吉は織田家織田信雄、三法師)を軽んじていくようになり、秀吉の「専横」を憎んだ信雄と秀吉の対立は深まります。この結果、翌天正十二(1584)年に両者は決裂し、これが「小牧・長久手の戦い」等の一連の戦役につながっていきます。

 

 それでは、天正十一(1583)年、三成二十四歳の頃に、羽柴家中で三成の果たした役割についてみていきます。

当時の史料をみていくと、この頃の三成の職務は、秀吉の側近として、以下のような働きをしたと考えられます。

 

1.戦功の恩賞の取次ぎ・差配

①正月二十三日 ■「(筆者注:羽柴)秀吉に対して謀反した淡路国の菅平右衛門の鎮圧に関し、広田蔵丞に書状を発する。」(中野等、p554)

→この「謀反」とは、天正十年(1582)年六月二日の明智光秀の起した本能寺の変後、菅平右衛門が明智方に与同したことについてのものです。この書状は、広田蔵丞からの(戦場での手柄に対する)恩賞の請求に対しての返信の書状です。

 

とあるように、この頃の三成は、秀吉の側近として、武将たちの戦功による恩賞の訴えを受け付け、秀吉に伝え、恩賞の取次ぎ・差配を行ったことが分かります。

 

2.上杉家との外交

②三月十三日 ■三成、「越後西雲寺に充て木村吉清・増田長盛とともに連署状を発する。」(中野等、p554)「ここで、(筆者注:西雲寺宛てに)三成らは、上杉家と徳川・北条両家との問題に触れ、秀吉には上杉家と徳川家の仲介を行う用意があることを述べるが、まずは景勝の越中出馬が肝心と佐々成政への牽制を要求している。」(中野等、p15)

 

⑥六月 ■「対勝家戦の戦勝を祝う上杉景勝の使者として、大石元綱(播磨守)が秀吉の下に派遣される。景勝は秀吉に太刀一腰と馬一疋を贈っているが、木村吉清・増田長盛らとともに大石元綱の対応にあたった三成にも景勝から馬・白布を贈与されている。もとより、これまでの好誼をふまえたものである(後略)」(中野等、p21)⑥

 

⑦六月二十八日 ■三成、「上杉家の狩野秀治・直江兼続に書状を発する。」(中野等、p554)同日付で秀吉より景勝へ、前述した大石元綱の戦勝の使者と贈り物に対する秀吉の謝意と、以後の懇親を約する書状が発せられている(児玉彰三郎、p63)ので、その副状と考えられます。

 

⑨八月十六日 ■「三成と長盛の連署で、直江兼続(山城守)・狩野秀治(讃岐守)に充てて「覚」を発している。(『上越市史』二-二九六六号文書)。ここでは上杉家から出すべき証人(人質、史料上の表現は「質物」とある)のこと及び「御縁辺之儀」(すなわち婚姻関係)を整えることが議せされ、さらに信州における徳川家の「郡割」や越中佐々成政のことなどが問題となっている。また、「出羽・奥州・佐州之儀、景勝様御取次之段、先度如被申談たるへき事」と既定であったとはいえ、奥羽や佐渡の「取り次ぎ」を景勝に委ねる、と改めて言明している。」(中野等、p22)

 

 後に、豊臣家の五大老の列に指名されるほどに豊臣秀吉の信頼を勝ち得た上杉景勝ですが、信長の生前は織田家の敵として、柴田勝家と戦っており、秀吉としても特に親しい関係ではありません(むしろ織田家家臣達としては、上杉家は敵対関係にある間柄)でした。

 特に通交のなかった上杉家と、秀吉が同盟を結ぼうと考えた理由は、柴田勝家との対立が深まったためです。越後の上杉景勝と同盟を結ぶことによって、柴田方の越中佐々成政の牽制を行おうとしたのです。いわゆる遠交近攻政策になります。二月七日付の秀吉の景勝の家臣須田満親宛書状(「勝家から、昨夏以来、いろいろ景勝の働きかけが行われているが、これはいっさい無視すること」㋐)を見ると、実際に柴田勝家から景勝への働きかけ(柴田方への勧誘)があったことが伺え、秀吉はその勧誘に乗らないように促しています。(もっとも、ついこの間まで直接戦っていた柴田と上杉が同盟を結ぶのはなかなか難しいことではあったかもしれません。)

 ②にあるように、まず秀吉は柴田方である越中佐々成政への攻撃を景勝に要請します。(その交換条件として、徳川家との仲介を行う用意があるとしています。)しかし、景勝は、越後内で反乱を起こしている新発田勝家への対処が優先志向であり、また家康との信州をめぐる争いも抱えており、越中へ出兵できるような余裕はありませんでした。

 ただし、越中佐々成政もまた隣国の越後の上杉景勝の動向を監視し、何か変事があれば軍勢をもって対処する必要がありましたので、成政は越中から釘付けで動くことができなくなりました。このため、佐々成政が賤ケ岳の戦いに参戦することはかないませんでした。

 このように、対柴田家との戦いを巡る羽柴家と上杉家との同盟は一定の効果があったといえるでしょう。

 しかし、賤ケ岳の戦いで勝利したとはいえ、結局越中攻めに動いてくれなかった秀吉の上杉家の信頼度はそれなりに低下します。

 賤ケ岳の戦い後、秀吉に降った佐々成政に対して、秀吉は越中を安堵するとともに、(四月二十八日)㋑「秀吉は越後上杉家の執り次を佐々成政に委ね、境界確定などの困難な交渉を進めさせることとした。ちなみにこの時期佐々成政新発田重家(因幡守)に書状を発して秀吉に誼を通じるように促して」います。

 つまり、秀吉は国境確定などのまさに佐々家と上杉家との直接利害がからむ事項を佐々家に任せたわけです。また、この時期、佐々成政は上杉の仇敵である新発田重家に秀吉との誼を結ぶように働きかけており、秀吉が上杉家への信頼が薄れ、心が離れている傾向を示していると考えられます。

 上杉家の取次である石田三成増田長盛・木村吉清としては、上杉との関係を良好にすることが至上命題です。六月に上杉家臣大石元綱が賤ケ岳の戦いの勝利を祝う使者として訪れ、贈り物を送ったこと(⑥)により、秀吉と上杉家との信頼関係の改善がみられます。(⑦)この信頼関係の改善に石田三成ら取次の尽力があったとえいえるでしょう。

 この後、⑨の八月十八日付の書状のように、証人の(人質)要求、縁辺の儀、徳川(信濃)・佐々(越中)との国境確定、奥州・佐渡への取次依頼など困難な課題の解決の交渉が上杉家の取次である石田三成増田長盛・木村吉清に今後も委ねられることになります。羽柴家と上杉家の親密度を上げる責務は彼ら取次に託されている訳です。

 

※詳細は、下記のエントリーを参照願います。↓

考察・関ヶ原の合戦 其の三 (1)「外交官」石田三成~上杉家との外交①三成、外交官デビュー 

 

3.諜報活動

③ 三月十三日 ■三成、「賤ケ岳の合戦に関わって柳瀬の状況を伝えた近江国浅井郡称名寺書状を発する。」(中野等、p554)「冒頭にみえる「柳瀬」なる地名は、勝家が本陣を置いたところである。三成は、称名寺とその配下をつかって柴田勢の動向を探ったわけである。秀吉自身の長浜から木之本への移動も、こうした情報を基にした作戦であった。(中野等、p17~18)

 

 上記のように、三成は称名寺を使って、敵の柴田勝家の本陣の位置を探って秀吉に報告をしています。柴田勢と戦いの際に、秀吉は柴田勝家だけではなく、多方面(岐阜の織田信孝、伊勢の滝川一益)の敵を相手にしなければならず、常に本陣を動かし続けなくてはいけませんでした。

 この戦いの勝利のためには敵の行動・位置を早急に把握し、その情報に基づいて迅速な判断・行動をし、味方の主力を速やかに動かさなければなりません。三成の諜報活動とそれによってもたらされた情報は、秀吉の作戦行動を決定するために極めて重要な情報であったといえます。

 

※詳細は、下記のエントリーを参照願います。↓

賤ヶ岳の戦いのときの石田三成 

 

4.兵站奉行

④四月二十日 ■秀長は盛政が動いたのを、すぐに大垣城の秀吉に知らせたと考えられます。

 佐久間盛政が大岩山砦を落としたのが午前十時頃で、その報が伝わったのが何時頃からは不明ですが、秀吉が大垣を出発したのが午後四時のため、それより前に報を受け取ったことになります。この時、秀吉軍は約一万五千の兵を率いて大垣城を出発。大垣から木之本までの52キロを午後四時から午後九時までの五時間で急行するいわゆる「美濃大返し」を行います。これが賤ケ岳の勝利を決定づけました。(小和田哲男Ⅰ、p86~88)(小和田哲男Ⅱ、p82)

 小和田哲男氏は、このお膳立てを石田三成兵站奉行が行ったものとみています。(小和田哲男Ⅰ、p86~88)具体的には、「出発前に石田三成らに命じ、北国脇往還沿いに松明と握り飯を用意させた」(小和田哲男Ⅱ、p82)といいます。

 また、小和田氏によると、そのときの街道沿いの村々にはおもしろい話が伝わっており、その時の羽柴軍は槍も持たず、手ぶらで走ったという話が残っているということです。小和田氏は「長浜城には武器庫があり、それを三成が木之本周辺に運ばせた可能性はあり、手ぶらで走ったということも十分考えられる。」(小和田哲男Ⅰ、p87~88)としています。

 

 上記のように、秀吉軍の賤ケ岳の戦いにおける勝利を決定づけたのが「美濃大返し」でした。この「美濃大返し」を実現するために、石田三成兵站奉行の果たした役割は極めて大きかったといえます。

 

 ちなみに、賤ケ岳の戦いの際には、石田三成も秀吉の「先懸衆」として突撃していったという記録が『一柳家記』に残っています。

⑤■「『一柳家記』には、賤ケ岳合戦当日、秀吉側の「先懸衆」として柴田軍に突撃した将兵十四人の名前が見えるが、その中に三成の名も含まれている。」(森岡榮一、p94)⑤

 

 

 この時期の石田三成は、上記のように秀吉の側近として

1.戦功の恩賞の取次ぎ・差配

2.上杉家との外交

3.諜報活動

4.兵站奉行

などの重責を担っており、この頃から秀吉家中で枢要の任務についていたことが分かります。この中で2.の上杉家との外交が最も重い継続した任務といえるでしょう。この三成と上杉家の深い関係は、秀吉の死去死後も続きます。

 当時の三成のはたらきを見ていくと⑧に見たとおり、三成が24歳にして『宇野主水日記』に「筑州家中出頭面々」として扱われているのも、ある意味当然のこととえいえるでしょう。

⑧七月四日 ■『宇野主水(本願寺門主顕如に仕えた右筆)日記』の七月四日条に、石田三成の記述がみられる。この年の七月からはじまる『宇野主水日記』には、「筑州家中出頭面々」として、杉原家次・浅野長吉(長政)・増田長盛羽柴秀長堀秀政・蜂屋頼隆・津田信張に並んで石田左吉の名が上がる。(中野等、p8~9)この三成24歳の頃より、三成が秀吉家中で既に枢要の任務についていたことが分かります。

 

 参考文献

小和田哲男Ⅰ『石田三成「知の参謀」の実像』PHP新書、1997年

小和田哲男Ⅱ『戦争の日本史15 秀吉の天下統一戦争』吉川弘文館、2006年

児玉彰三郎『上杉景勝』ブレインキャスト、2010年

笹本正治ミネルヴァ日本評伝選 真田氏三代 -真田は日本一の兵-』ミネルヴァ書房、2009年

白川亨『石田三成とその子孫』新人物往来社、2007年

柴裕之編著『図説 豊臣秀吉戎光祥出版、2020年

中野等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年

平山優『武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望ー天正壬午の乱から小田原合戦まで』戎光祥出版、2011年

森岡榮一・太田浩司「Ⅰ石田三成の生涯-その出自と業績」(谷徹也編『シリーズ・織豊大名の研究 第七巻 石田三成戎光祥出版、2017年)

石田三成関係略年表①(永禄三(1560)年~天正十(1582)年(1~23歳)

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る

石田三成関係略年表② 天正十一(1583)年 三成24歳-賤ケ岳の戦い 

石田三成関係略年表③ 天正十二(1584)年 三成25歳-小牧・長久手の戦い 

石田三成関係略年表④ 天正十三(1585)年 三成26歳-紀州攻め、「治部少輔」三成、真田家との取次 

 

このページは、

石田三成関係略年表①(永禄三(1560)年~天正七(1582)年(1~23歳)

のページです。

(★は当時あった主要な出来事。■は、石田三成の出来事)

 

※ 石田三成の幼名・通り名は「佐吉」。諱は天正一三(1585)年七月頃まで「三也」で、天正一三(1585)年七月十一日に従五位下治部少輔に叙任された頃から「三成」に改めた(中野等、p554)ようだが、以下では「三成」に統一する。

 

永禄三(1560)年 1歳

■「石田三成近江国坂田郡石田で誕生。幼名「佐吉」、父は石田郷の土豪藤左衛門(または十左衛門)正継(為成ともいう)。母は土田氏。」三成の父、石田正継は地域的にみて浅井氏に仕えていたとみられる。(中野等、p7・554)

 

永禄十二(1570)年 11歳

六月二十四日 ★姉川の戦い。(秀吉も参陣)この戦い後、木下秀吉、開城した近江横山城の城主を務める。(柴裕之、p183)

 

永禄十三(1571)年 12歳

十月頃 ■浅井家家臣宮部継潤が羽柴氏に帰順する。三成の父正継も、この頃に秀吉に臣従したとみられる。(中野等①、p8)

 

天正元(1573)年 14歳

七月十八日 ★織田信長足利義昭を追放する。室町幕府滅亡。(柴裕之、p183)

九月一日 ★浅井氏滅亡。「(筆者注:羽柴秀吉が)信長から働きを賞され、浅井氏の旧領国を与えられ、当地を任せられる。」(柴裕之、p183)

 

天正二(1574)年 15歳

■今井林太郎氏によると、この頃、石田三成羽柴秀吉に仕官したのではないかとしている。(今井林太郎、p8・237)(18歳仕官説もある。(後述))

※ 参考エントリー↓

『武将感状記』に書かれた、石田三成の「三献茶」の逸話 

 

天正三(1575)年 16歳

五月二十一日 ★長篠の戦い(秀吉も参陣)

夏 ★「近江今浜の地に築いていた城が完成し、(筆者注:羽柴秀吉が)入城する。今浜の地は、長浜と改められる。」(柴裕之、p183)

八月 ★越前一向一揆鎮圧戦(秀吉も参陣)。(柴裕之、p183)

 

 

天正四(1576)年 17歳

正月 ★織田信長安土城築城開始。(柴裕之、p184)

七月十三日 ★摂津国木津川口の戦い。(織田軍vs毛利水軍)(柴裕之、p184)

 

天正五(1577)年 18歳

八月八日 ★織田信長が加賀・能登領国の攻略のために柴田勝家を総大将とする軍を派遣。羽柴秀吉も参加するが、勝家と対立し帰陣してしまう。秀吉、信長の激怒を買う。(柴裕之、p184)

十月十日 ★信長に反逆していた松永久秀が居城大和信貫山城で自刃。(松永攻めは、秀吉も参陣)大和信貫山城は落城。(柴裕之、p184)

十月二十三日 ★秀吉、「信長から中国方面の攻略を命じられ、播磨国へ出陣する。」(柴裕之、p184)

■『霊牌日鑑』によると、この頃、石田三成が播磨姫路在陣中に羽柴秀吉に仕官したとしている。(中野等①、p8)(15歳仕官説もある。(前述))

十一月二十七日 ★秀吉、播磨国原城攻略。(柴裕之、p184)

十二月三日 ★秀吉、播磨国上月城攻略。(柴裕之、p184)

 

天正六(1578)年 19歳

この頃 ■三成、尾藤(宇多)頼忠の娘と婚姻する。(白川亨、p72)通称「うた」と呼ばれる。尾藤頼忠は秀吉の弟秀長の家臣。

※1 尾藤頼忠の娘の一人が真田昌幸に嫁いでおり、石田三成真田昌幸は相婿とされます。(中野等、p19~20)(異説あり)

※2 頼忠の兄・知宣は、秀吉の初期の重臣の一人であり、信長存命中にも播磨国内で五千石の知行を得、小牧の陣で討ち死にする森長可の遺言を託された人物として知られています。四国平定後は讃岐国を与えられています。石田家はこの婚姻によって、秀吉の重臣である尾藤家という有力な姻戚の後ろ盾を得たことになります。(中野等、p19)

 後に知宣は天正十五(1587)年の九州攻め(根白坂の戦い)の際に、敵の伏兵をおそれ追撃しないことを進言したため、その積極的でない戦い方を秀吉に咎められ、改易・放逐されます。(その後、北条攻めの時(天正十八(1590))年に、知宣は剃髪して秀吉の前に現れ寛恕を請いましたが許されず秀吉によって斬首されました。)

 治宣が放逐された後、「類縁の難を避けるためか、治宣の弟宇田頼忠(三成正室の実父)の河内守頼次(実名は「頼重」とも)は、三成の父隠岐守正継の養子となり、以後は「石田刑部少輔と称することになる。」(中野等、p53)ただし、橋場日月氏は、頼次は(頼忠ではなく)尾藤知定(知宣)の息子としています。(橋場日月、p65)

また、石田(宇多)頼次は、昌幸の娘趙州院殿と婚姻しており(丸島和洋、p194~195)、これにより石田家と真田家は二重の縁戚関係(石田三成真田昌幸相婿説が正しい場合ですが)を結ぶことになります。

※ 参考エントリー↓

真田昌幸・信繁と石田三成・大谷吉継について

 

二月 ★播磨三木城の別所長治、織田家に反旗を翻す。(柴裕之、p184)

三月下旬、★秀吉、三木城の包囲を始める。(柴裕之、p184)

七月 ★播磨上月城尼子勝久山中鹿之助、毛利に降伏。(柴裕之、p184)

十月十七日 ★荒木村重織田家を離反。説得に赴いた黒田孝高が幽閉される。(柴裕之、p184)

十二月十二日 ★高城・耳川合戦。大友宗麟島津義久と戦って敗れる。(新名一仁、p66~67)

 

天正七(1579)年 20歳

この頃 ■三成長女(山田勝重室)誕生(白川亨、p71~72)

六月二十二日 ★竹中重治死去。(柴裕之、p184)

十月三十日 ★宇喜多直家織田家従属が認められる。(柴裕之、p184)

 

天正八(1580)年 21歳

正月十五日 ★播磨三木城の別所氏降伏。(柴裕之、p184)

正月十七日 ★別所長治切腹。(柴裕之、p184)

四月~五月 ★秀吉、播磨・但馬国平定。(柴裕之、p184)

五月 ★秀吉、因幡鳥取城包囲。城主山名豊国降伏。(柴裕之、p184)

九月 ★秀吉、播磨国内検地を実施。(柴裕之、p184)

 

天正九(1581)年 22歳

二月二十八日 ★織田信長が京都で馬揃えを行う。(秀吉は中国攻めのため不参加)(柴裕之、p184)

七月中旬 ★秀吉、吉川経家の守る因幡鳥取城の包囲を始める。(柴裕之、p184)

十月二十五日 ★吉川経家切腹し、因幡鳥取城が開城する。(柴裕之、p184)

十一月 ★秀吉、池田元助とともに淡路国攻略。(柴裕之、p184)

 

天正十(1582)年 23歳

五月八日 ★秀吉、清水宗治の籠る備中高松城を包囲。(柴裕之、p184)

六月二日 ★本能寺の変。(柴裕之、p184)

六月四日 ★秀吉、毛利氏と和睦。(柴裕之、p184)

六月五日 ★秀吉、進軍を開始。(中国大返しのはじまり)(柴裕之、p184)

六月六日 ★秀吉、播磨姫路城に入る。(柴裕之、p184)

六月十日 ★秀吉、淡路国の敵対勢力を制圧。(柴裕之、p184)

六月十一日 ★秀吉、摂津国尼崎に到着。(柴裕之、p184)

六月十三日 ★山崎の戦い明智光秀敗死。(柴裕之、p184)

六月二十七日 ★清須会議。(柴裕之、p184)

十月十五日 ★秀吉、京都大徳寺で信長の葬儀を行う。(柴裕之、p184)

十月二十九日 ★徳川・北条同盟が成立。(平山優、p36)

十二月 ★秀吉、「三法師を織田信孝のもとから奪還するために美濃国へ出陣する。織田信雄と秀吉の攻勢に信孝は服従を示す。」(柴裕之、p184)

十二月七日 ★秀吉、「五万の大軍を率いて(筆者注:柴田勝家の甥勝豊の籠る)長浜城を囲んだのである。」(小和田哲男、p67)

十二月九日 ★長浜城の柴田勝豊、秀吉に降伏する。(小和田哲男、p67)

十二月十一日 ★徳川家臣の松平家忠により『家忠日記』によると、柴田勝家より徳川家康に対して書状と贈り物が送られたとしている。柴田側から秀吉牽制のための家康への働きかけが行われたと考えられる。しかし、この時家康は、羽柴・柴田どちら側にも味方せず、中立を保っている。(小和田哲男、p118~119)

十二月二十日 ★秀吉、織田信孝の籠る岐阜城を包囲。(小和田哲男、p68)信孝は「秀吉に屈服した。三法師を秀吉に渡し、さらに自分の生母坂氏と、娘一人を人質として秀吉に差し出し、許されているのである。」(小和田哲男、p68)

十二月二十九日 ★秀吉、居城の山崎城に入って越年。(小和田哲男、p68)

 

(コメント)

 石田三成が登場する一次史料は、天正十一(1583)年(24歳)が初出であり、その前の事績はよく分かっていません。(石田三成の出自は近江国石田郷の土豪である石田正継の三男であることは分かっていますので、23歳までの事績が不明というのは、出自が不明ということではありません。)十代から二十代前半の若者に現代まで書状が伝わるような重要な仕事を、主君秀吉が任せることも少ないので、やはり二十三歳までの書状は残ってないということなのでしょう。むしろ二十四歳にして一次史料に名を残す三成は、やはり羽柴(豊臣)家中の出世頭だったのだと考えられます。

 三成が、秀吉に仕官したのは今井林太郎氏の述べる天正二(1574)年の15歳説と、『霊牌日鑑』による天正五(1577)年の18歳説がありますが、私見では18歳説をとりたいと思います。今井氏の述べる15歳説は根拠が曖昧で、いわゆる「武将感状記」の三献茶エピソードに引きずられているきらいがあるためです。(私見では、「武将感状記」の三献茶の逸話は面白い逸話ですが、残念ながらやはりフィクションだと思われます。)

 白川亨氏は三成正室(うた)の子、三男三女の生まれた年を推定しており、これにより、三成とうたの婚姻は、天正六(1578)年(三成19歳)の頃と推定しています。個人的には、この年代で妥当なのではないかと考えています。

 上記で書いたように、三成は尾藤(宇多)家と婚姻することになります。この尾藤家と石田家の縁組は、後々三成の人生を変えるようなものになったと考えられます。三成は、尾藤知宣の放逐後、秀吉に粛清された家や家中の武将、粛清されそうな家や家中の武将を守るために生きているような行動をとり続けることになるのです。

 

 参考文献

小和田哲男『戦争の日本史15 秀吉の天下統一戦争』吉川弘文館、2006年

白川亨『石田三成とその子孫』新人物往来社、2007年

柴裕之編著『図説 豊臣秀吉戎光祥出版、2020年

新名一仁『島津四兄弟の九州統一戦』星海社新書、2017年

中野等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年

平山優『武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望ー天正壬午の乱から小田原合戦まで』戎光祥出版、2011年

橋場日月『知れば知るほど面白い・人物歴史 丸ごとガイド 真田幸村 戦国を生きた 知将三代』学習研究社、2004年

丸島和洋『真田四代と信繫』平凡社新書、2015年

文禄の役時の石田三成の動向について②~勝申候内二日本人ハ無人ニ罷成候

☆古上織蛍の日々の泡沫(うたかた) 総目次 に戻る

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る

 

(以下の記述については、主に中野等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年を参照しました。)

 

 前回の続きです。(前回のエントリーは以下参照↓)

文禄の役時の石田三成の動向について① 

 

1.前回のまとめ

 

 天正二十(1592)年四月二十二日、日本の軍勢が朝鮮半島への上陸を開始し、いわゆる「文禄の役」がはじまります。破竹の勢いで進軍する日本軍は、五月三日には朝鮮の首都である漢城を陥落させ、入城します。この勝利を受け、豊臣秀吉は自らの渡海を計画しますが、六月二日に至って徳川家康前田利家らが秀吉渡海の再考を促し、秀吉は渡海の延期を決定します。この時、石田三成は秀吉の渡海を主張したといいます。左記の詳細については、以前以下のエントリーで記述しました。↓

秀吉の朝鮮渡海を主張する石田三成 

 

 秀吉の渡海が延期されたことに伴い、秀吉は自らに代わり長谷川秀一、前野長泰、木村重玆、加藤光泰、石田三成大谷吉継の七名の奉行衆を朝鮮に派遣することを決定します。

 奉行衆は六月六日の朝に名護屋から出船し、七月十六日には漢城に到着しました。このうち、石田三成大谷吉継増田長盛の三奉行は、「「都三奉行」あるいは単に「三奉行」などと称され、基本的に漢城にあって在朝鮮の諸将に秀吉の軍令を伝え、指示を発して」(中野等、p167)いきます。

 三奉行が秀吉の指示により渡海した目的は、秀吉が六月三日に発した軍令(「六月三日令」)を朝鮮在陣諸将に伝達・指令することでした。

 その内容については、「朝鮮各地に転戦する九州・四国・中国の諸将に充てられた「六月三日令」の主眼は、朝鮮半島の奥地、さらに明国へ侵攻することを要求するもので」(中野等、p167)したが、「三成が実見する朝鮮の状況は、名護屋で想定していたものと大きく異なるものであった。平壌を押さえていた小西行長は、状況説明のために漢城へ戻り、兵粮事情に深刻な不安があることや、奥地への侵攻を強行すると、絶対的な兵粮不足によって退路を断たれるおそれがあることなどを、三成らに細かに告げたようである。最前線に展開する小西行長の意見は充分傾聴に値するものであった。三成ら奉行衆はすみやかに明国境を侵せと命じる秀吉の軍令と、実際に見聞する朝鮮半島の現状のあいだで、深刻な板挟みの事態に陥ってしま」(中野等、p168)います。

 

 三成ら奉行衆が漢城に着いた頃には、当初の現地の状況に対して、情勢は既に変化しており、当初の現地からの報告を基にした秀吉の軍令は実行するのは現実的なものではなくなっていました。

 

2.三奉行(石田三成大谷吉継増田長盛)が、名護屋の奉行衆(石田正澄・木下吉隆長束正家)に充てた書状

 

 この現地の状況を受けて、名護屋の奉行衆(石田正澄・木下吉隆長束正家)へ向けて三成ら奉行衆が以下の書状を出します。(石田正澄は三成の兄です。)この書状が出された時期は、文禄元年(1592)年7月か8月頃とされています(中野等、p169)。現代語訳のみ引用します。

 

「当国(朝鮮)のことについて、おのおの連判して御注進申し上げるので、然るべく(秀吉)御手隙きの時に御披露をお願いします。①

一、明国へ年内に侵攻すべく先陣の衆へ指示し、後続の軍勢も後詰めを進めていたところに、小西行長漢城に戻り、前線では兵粮以下に事欠き、さらに寒天に向かう状況のなかで如何すべきかを尋ねてきました。また、これまでも経路には人数がなく、返り路も容易ではありません。まずは命じられた国郡へ普(あまね)く入り、年貢収納等をすすめて支配すべきです。(秀吉の軍令)謹んで辞退すべくおのおの相談し、諒解を得るべきです。②

一、これまで名護屋(其方)で受けていた御注進の内容とは異なり、朝鮮半島はどこも静謐にはなっていません。③恐縮ですが、年内に遼東(遼東川・鴨緑江)を超えて大明国へ侵攻しても、先鋒にたつ軍勢が不充分ですので(ここに軍勢を補填してしまえば)、朝鮮半島は釜山浦から鴨緑江(遼東)迄の繋ぎの城々に配置すべき人数がなくなってしまいます。(各城に)二〇〇とか三〇〇の軍勢を配置したとしても、なかなか籠城には耐えられないでしょう。④ 拙者はこの御注進状を、実際のありさま通りに申しあげています。⑤

一、右のような次第ですので、まずは朝鮮の各道へ普く入って年貢収納等をすすめ、支配を行うべきです。この絵図に書きましたように、それぞれの軍勢が各分担地域に散開しても、日本で言えば一ヵ国ほどの地域に一〇〇〇か、二〇〇〇ほどの人数を派遣するに留まるもので、山中の疎遠な場所では充分な支配も見込めません。

一、小西行長・小野木重次が前線から戻って報告した内容は、明軍(唐人)が援軍として(鴨緑江を)超えて来て朝鮮の軍勢と合流し、小西・小野木の陣所へ約三万ほどで攻撃を仕掛けてきたので一戦に及びました。反撃して敵勢を一〇〇〇ばかり討ち取りましたが、小野木重次の弟又六なども討ち死にしました。どこで何人の敵を成敗しても、反撃して数多の敵を討ち取っても、敵を五〇〇も一〇〇〇も殺害しても、味方が五〇や一〇〇人ずつの損害を受け、また手傷を負う者も出てきますので、勝ち戦を継続していくうちに日本人はいなくなってしまいます(原文「勝申候内ニ日本人ハ無人ニ罷成候間、」)。⑥年内の様子はこのような次第であり、まずは朝鮮の各地を治めることとして、今年はとにかく堅実な支配をすすめたいです。

一、これ以前にも懇ろに申し上げてきましたが、先に渡海していた軍勢が(日本に例えると)関東・北国・中国などのように遠隔地域で出ていって、先陣に対し(明国へ向けて)押し詰めるように指示を送っているよう指示を送っている間に、日数が嵩んでしまい、そのうちに兵站補給も滞ってさらに進軍が延引するでしょう。⑦次も油断なく御取り成しいただきますように。なお、追々に申し入れることといたします。

 追って申し上げます。黒田長政(甲斐守)が通ってきた経路の兵粮改めのリスト(注文)を進上します。ただし、これは本道筋ではありません。熊川口(こもかいくち)という脇の道筋です。以上。」(中野等、p170~172)

 

 この書状は、日付や連署者の花押もなく料紙は反故紙のようなものを用いており、下書きの「メモ」のようなものと判断されるといいます。(中野等、p169)これは、ここに書かれた注進の内容が秀吉の軍令に背くものであり、これを、そのままの形で秀吉に披露してしまうと秀吉の逆鱗に触れる危険性が高いものだったからです。

 このため、中野等氏は、「結果的にこの「メモ」が、そのままのかたちで発せられることはなかったと考えたい」(中野等、p172)としています。

 私見を述べますと、この書状が所蔵されているのは佐賀県名護屋城博物館であり、この事からこの書状自体は実際に名護屋の石田正澄・木下吉隆長束正家に宛てに送付されたのだと思われます。しかし、これをそのまま秀吉に披露できるような性格のものではありませんので、この書状の内容をどのように秀吉に伝えることについては、名護屋の石田正澄・木下吉隆長束正家に委ねたということなのではないかと考えます。

 このため、この書状そのものが秀吉に披露されることはなかったと思われますが、秀吉の機嫌を損ねない形で、石田正澄・木下吉隆長束正家よりこの書状の内容についての伝達がされたのではないかと思います。

 

 上記の書状の内容について、個別にみていきます。

 

 ①「然るべく(秀吉)御手隙きの時に御披露をお願いします。」

→前述したように、この書状の内容は秀吉の軍令に背くものですから、そのまま秀吉に披露できるものではありません。「御手隙きの時」とありますが、これは秀吉の機嫌が良く彼の逆鱗に触れる可能性が低い時を「御手隙きの時」としているのでしょう。秀吉の側近は短気で怒りやすい秀吉の機嫌を伺わなければならず、秀吉にとって(自分の命令に反するような)不愉快な内容・注進を、側近が報告する際にも秀吉の機嫌が良い時にする必要がありました。この秀吉の「機嫌」は、秀吉の側にいないとわかりませんので、この書状の内容を秀吉に伝えるタイミングは、秀吉の側にいる石田正澄・木下吉隆長束正家に委ねられたということになります。

 

(秀吉の軍令)謹んで辞退すべくおのおの相談し、諒解を得るべきです。

→この書状は秀吉の軍令の辞退(拒否)になりますので、かなり過激なことを訴えている書状といえます。

 

これまで名護屋(其方)で受けていた御注進の内容とは異なり、朝鮮半島はどこも静謐にはなっていません。

→これまで、名護屋で受けていた注進とは、先に朝鮮へ侵攻していた諸将からの注進状です。こうした注進状は、必ずしも正確なものではなく、自らの武功は過大に喧伝し、逆に自分の失敗は過少にあるいはそもそも申告しないものですので、こうした現地からの不正確な報告を基に、名護屋の秀吉から軍令を発したとしても、それは現実を反映したものではなくなるのは、ある意味当然のこととなります。

 

年内に遼東(遼東川・鴨緑江)を超えて大明国へ侵攻しても、先鋒にたつ軍勢が不充分ですので(ここに軍勢を補填してしまえば)、朝鮮半島は釜山浦から鴨緑江(遼東)迄の繋ぎの城々に配置すべき人数がなくなってしまいます。(各城に)二〇〇とか三〇〇の軍勢を配置したとしても、なかなか籠城には耐えられないでしょう。

→釜山浦から遼東まで戦線を広げてしまうと、補給線が伸び切ってしまい、繋ぎの城の維持も困難となります。繋ぎの城が潰されてしまえば補給線を切られてしまい、朝鮮奥地の軍勢は孤立して壊滅します。こうした危険が極めて高いため、この書状では年内の大明国への侵攻が無理であることを注進している訳です。

 

拙者はこの御注進状を、実際のありさま通りに申しあげています。

→秀吉の代行として現地に派遣された奉行衆に求められているのは、「現地の正確な報告」です。しかし、それは現地の諸将に失敗や失策があった場合も含めて報告することになりますので、現地の武将から恨まれる可能性があります。しかし、それを恐れて現地の武将となれ合って不正確な報告した場合は、主君の秀吉は不正確な報告に基づき判断するわけですから、命令も現実に沿っていない不正確なものに必ずなってしまいます。このような軍では、正しい命令が発せられず、作戦は必ず失敗し、その軍は壊滅する危険性が極めて高くなります。

 司令部に戦況を報告する者は、たとえ現地の将に恨まれる可能性があっても「実際のありさま通り」報告する必要があり、現地の将に迎合して不正確な報告をすれば、戦争全体がそれによって失敗する可能性が極めて高くなることになります。

 

勝ち戦を継続していくうちに日本人はいなくなってしまいます(原文「勝申候内ニ日本人ハ無人ニ罷成候間、」)。

→局面々々で勝利したとしても、長期戦で戦い続けているうちに、日本軍はやがて消耗していき結果的に日本軍は敗北することを示しています。

 

 ⑦先陣に対し(明国へ向けて)押し詰めるように指示を送っているよう指示を送っている間に、日数が嵩んでしまい、そのうちに兵站補給も滞ってさらに進軍が延引するでしょう。

→遠く離れた戦場(朝鮮)⇔名護屋(司令部)で、報告と指示のやり取りをしている間に、日数がかさみ、そのうち兵粮補給も滞り進軍も延引される状況を示しています。

 

 以上で見てきたように、この書状は、文禄元年(1592)年7月か8月頃の、まだ日本軍が緒戦の勝利に沸いていた頃に、将来的な日本軍の困難を的確に予見したものであり、三成ら三奉行が卓越した現状分析能力を持ち、また秀吉にとって不愉快な内容であっても、正確な注進をしようとする勇気を持っていたということを示しています。

 ただし、実際には諫言をしたことが秀吉の勘気に触れると処罰される危険性がありますので、その辺りのタイミングと伝え方は名護屋の三奉行石田正澄・木下吉隆長束正家に委ねられたということになります。   

 

※ 参考エントリー↓           

読書メモ:オンライン三成会『決定版 三成伝説』第六章 朝鮮・文禄の役~日本人は無人に罷りなり候

 

 参考文献

中野等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年