古上織蛍の日々の泡沫(うたかた)

歴史考察(戦国時代・三国志・関ヶ原合戦・石田三成等)、書評や、        日々思いついたことをつれづれに書きます。

石田三成関係略年表⑩ 天正十九(1591)年 三成32歳-大崎・葛西一揆の鎮圧、伊達政宗上洛、千利休切腹、九戸政実の乱(九戸一揆)、三成の佐和山入城、秀次の関白任官

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る 

koueorihotaru.hatenadiary.com

 

(★は当時あった主要な出来事。■は、石田三成関連の出来事。)

 

正月十日 ■石田三成、相馬に到着。これを受けて、伊達政宗は正月晦日には黒川に到着する見込みのもと、伊達家中に対して二十五、六日の黒川集結を命じる。(中野等、p131)

正月 ★伊達政宗蒲生氏郷の間で和解がなる。政宗一揆与同の嫌疑が晴れたことで、豊臣秀次を総大将とする大崎・葛西一揆鎮圧軍の派遣が取り止めとなる。(柴裕之、p112)

政宗の「嫌疑が晴れた」と書かれてはいますが、この後、政宗一揆与同の嫌疑の糾明のため、秀吉に上洛を命じられていますので、嫌疑が完全には晴れてはいない事が分かります。

正月二十二日 ★豊臣秀吉の弟、秀長死去。(柴裕之、p186)

正月二十八日 ★朝鮮使節一行、釜山浦に帰る。この使節には回礼使として景轍玄蘇・柳川調信が同行し、秀吉の要求を「征明嚮導」から「仮途入明」に緩和して協力を要請する。(中野等③、p17)

正月三十日 ★秀吉から、上洛を命じられた伊達政宗、米沢を出発。(柴裕之、p112)

閏正月四日 ■佐竹義宣充て石田三成書状。黒川に諸将が集結しており、三成・義宣もここに参陣していた。

「◇先ほどはお出でい頂き感謝します。明日はそちらへ伺いますので、必ずお会いしお話をしたく存じます。鶴はそちらで料理頂くということですので、こちらから持参します。御茶はしばらく執着もしておりませんので(うまく点てられるか)どうかと思いますが、(とりあえず)明日持参いたします。御逢いできることを楽しみにしています。」(中野等、p132)

参考↓

koueorihotaru.hatenadiary.com

 この後、伊達政宗が召喚に応じたのを受け、三成も帰京した。(中野等、p133)

閏正月十二日 ■石田三成、武蔵岩槻に到着。(中野等②、p303)

閏正月二十日 ■島津義弘、嫡男久保に手紙を送る。「「いつも言っているように酒を飲み過ぎないように肝に銘じよ。細川幽斎石田三成も酒を飲み過ぎないよう何度も龍伯様=義久を説得している」と記している。」(新名一仁、p157)等とある。

閏正月二十七日 ★上洛途中の伊達政宗、清須で秀吉に謁見。(中野等、p133)

閏正月 ★豊臣秀次及びその家臣団の移封に伴い、近江国の検地行われる。(中野等、p140)

閏正月 ★京都の御土居の工事始まる。(柴裕之、p186)

二月  ★京都の御土居の工事が大方できあがる。(柴裕之、p186)

二月四日 ★伊達政宗、上洛。(中野等、p133)

二月九日頃 ★秀吉、伊達政宗に旧大崎・葛西領への移封を命じる。(柴裕之、p186)

二月十三日 ★千利休、堺へ追放を命じられる。(白川亨、p29)

二月十五日 ■この頃には、石田三成の在京が確認される。(中野等、p133)

⇒上記のように、この年二月の石田三成は奥羽から帰還している途中であり、二月十三日に実際に在京していたか自体も確認できません。俗説で言うような「石田三成千利休追い落としを画策していたような説」は、この時期の石田三成が奥羽の事態収拾にかかりきりだったことを考えると、時系列的には非現実的な説といえます。

二月二十六日 ★洛中に秀吉の政策を批判する十首の「落首」が掲げられる。(小和田哲男、p265~266)

二月二十八日 ★千利休、秀吉の怒りにふれ、自刃に追い込まれる。(柴裕之、p186)

参考↓

koueorihotaru.hatenadiary.com

koueorihotaru.hatenadiary.com

三月 ★陸奥南部一族の九戸政実らが一揆を起こす。(柴裕之、p186)

三月十三日 ★九戸政実、櫛引・久慈・七戸氏らを誘い、石川(南部)信直方の城を攻撃。南部家当主の後継を巡って、同じ南部一族の政実が信直の後継に不満を持ったことによるもの(九戸政実の乱・九戸一揆)。(小和田哲男、p258)

三月 ★秀吉の甥である豊臣秀勝岐阜城入部。(中野等、p138)■これに前後して、石田三成美濃国内に領地を与えられたようである。(中野等、p138)

四月十日 ■石田三成、秀吉に従い大津に逗留。(中野等②、p303)

四月二十七日 ■三成、「近江国犬上・坂田郡美濃国の豊臣蔵入地代官に命じられ」(中野等、p140)る。

五月 ★上杉景勝らによって出羽国一揆が平定される。(柴裕之、p186)

五月三日 ■前田玄以石田三成増田長盛長束正家、全国の諸大名に秀吉の意向として「大名の領知内容を「御前帳」「郡図」に仕立てて呈上するように命じ」(中野等、p135)る。

五月三日 ■三成、家中の北畠助大夫に対して美濃国内の知行を宛行っている。この頃の三成の石高は、一〇石程度と想定される。(中野等、p138~139)

五月九日 ■この頃も、三成は秀吉に近侍して大津にいたようである。(中野等、p141)

五月十一日 ■この日の秀吉書状を見ると、この頃から石田三成佐和山城に拠点を置いていたようである。(中野等、p140)

六月二十日 ★九戸一揆の鎮圧に、豊臣秀次を総大将とする軍が秀吉の命令により出陣。徳川家康上杉景勝佐竹義宣蒲生氏郷伊達政宗らもともに出陣する。(柴裕之、p186)■この派兵命令の中に石田三成の名も入っている。三成は、大谷吉継とともに相馬筋の「横目」としての派遣だったようである。(中野等、p144)

六月二十八日 ■石田三成、須藤道光を美濃の領国に代官として派遣する。(中野等、p148)

七月三日 ★佐沼城が攻撃され、大崎・葛西一揆が鎮圧される。(小和田哲男、p258)

七月十五日 ■この頃は、石田三成は大津にいたようである。(中野等、p304)

→三成の奥羽行きはこの後か。

七月二十五日 ★秀吉、ポルトガルのインド副王に充てて書簡を送る。(中野等③、p21)

七月末  ■石田三成、岩城に到着。その後は相馬を経て北上する。(中野等、p144)

八月五日 ★秀吉の嫡男、鶴松が死去。(柴裕之、p186)

八月 ★秀吉、後継を甥の秀次に家督と関白職を譲る意向を示す。また、「翌天正二十年三月の「唐入り」実行を明言し、黒田長政小西行長加藤清正らの九州諸大名に肥前国名護屋佐賀県唐津市)に拠点の築城を命じた。」(柴裕之、p118)「大陸派兵の期日は、結果的におよそ一年延期され、天正二十年三月と決定する。」(中野等③、p20)

八月七日 ★豊臣秀次徳川家康陸奥二本松に着陣。秀吉の指示を受け、旧大崎・葛西領における伊達・蒲生氏の所領配分を行う。家康は、政宗陸奥国岩出沢への入部につき、居城の岩出山城などの普請をはじめる。(柴裕之、p113)

八月十五日 ■石田三成の兄・正澄、島津義弘名護屋城普請に関わる書状を発する。これを受け、義久が名護屋に向かうが、罹病を理由に途中で鹿児島に帰ってしまう。義久は代わりに義弘を向かわせるので問題ないと、三成に弁明の書状を送っている。(中野等、p153)

八月二十日 ★和賀・稗貫一揆が平定される。(小和田哲男、p258)

八月二十一日 ★秀吉、「身分統制令」を発する。(中野等③、p19)

九月 ★対馬島主宗義調、みずから朝鮮に渡り、秀吉の征明について警告したが、朝鮮国は「仮途入明」の要求も受け入れず、単なる脅迫として無視する。義調は帰国して秀吉に状況を説明するとともに、朝鮮の地図を献上。(中野等③、p20~21)

九月一日 ★九戸政実方の姉帯城・根反城落城。(小和田哲男、p259)

九月二日 ★九戸政実の居城である九戸城が包囲される。(小和田哲男、p259)

九月四日 ★九戸一揆が平定される。(柴裕之、p186)九戸政実、主だった一五〇人の城兵とともに、首を斬られる。(小和田哲男、p259)

九月十五日 ★秀吉、「小琉球」(当時スペインの服属下にあったフィリピンを指すとみられる)に日本への服属を要求する書翰を発する。(中野等③、p21)

九月二十二日 ■石田三成伊達政宗に書状を発する。「気仙・大原両城の修築を負え、それらを伊達政宗の家中に引き渡すことを告げた」(中野等、p144)もの。この時、三成は陸奥国江刺郡黒石にいたとされる。(中野等、p144)かつて、三成は会津蘆名家を支援し、蘆名家を滅ぼした政宗と敵対関係にあった。「しかしながら三成は、岩手沢(大崎岩手山)への居城を移そうとする政宗の立場を考え、ここでは積極的な協力を申し出ている。気仙・大原両城に駐留する伊達勢の人数に不安があれば、三成管下の兵を充当するとし、また豊臣秀次中納言殿)の指示で破却される城に、まわすべき普請衆が不足するおそれがあれば、これまた三成が管下の兵に命じて、家々を損ぜないように分解してどこにでも運ばせよう、と述べている。」(中野等、p146)

詳細は↓

koueorihotaru.hatenadiary.com

十月 ■秀吉、島津義久に代わって義弘を名護屋に向かわせることを命じる。八月の義久の弁明が認められたものと思われる。詳細は石田三成家臣の安宅秀安により伝えられた。(中野等、p154)

十月 ★名護屋城の「御座所」普請が「浅野長吉(のち長政)を惣奉行、黒田孝高(如水)を縄張り奉行とし、九州の諸大名を動員して開始された。」(中野等、p20)

十月六日 ■石田三成蒲生氏郷とともに米沢に至る。(中野等、p147)

十月八日 ■三成、在三春。(中野等、p147)

十月十日 ■三成、岩城平で仕置を行う。(中野等、p147)

十月末  ■この頃、三成は京に到着したとみられる。(中野等、p148)

十一月二十八日 ★豊臣秀次権大納言を拝任。(中野等、p150)

十二月四日 ★秀次、内大臣へ昇任。(中野等、p150)

十二月十三日 ■三成、島津義久・義弘に「人質番組」(島津家側に要求する人質のリスト)を発する。(中野等、p154)

十二月二十六日 ■五月二十五日付では石田三成増田長盛連署近江国高島郡百姓中充てに書状が出されており同地の代官支配は秀吉の奉行衆である三成・長盛によって行われていたが、十二月二十六日付の書状では秀次の奉行である駒井重勝・益庵宗甫の連署による置目が発出されており、この頃より「国内支配の関わる権限が三成ら秀吉奉行衆から秀次の奉行衆へ移譲されていたことがわかる。いうまでもなく、秀吉自身はもとより、三成らも「唐入り」へ専念するためである。」(中野等、p151)

十二月二十八日 ★秀吉、甥の秀次に家督と関白職を譲る。以後は太閤を称する。(柴裕之、p186)秀次は関白・左大臣に任じられる。同時に秀吉から三〇万石といわれる蔵入地が秀次に譲られた。(中野等、p150)

 

 参考文献

小和田哲男『戦争の日本史15 秀吉の天下統一戦争』吉川弘文館、2006年

柴裕之編著『図説 豊臣秀吉戎光祥出版、2020年

白川亨『石田三成とその子孫』新人物往来社、2007年

中野等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年

中野等②「石田三成の居所と行動」(藤井譲治編『織豊期主要人物居所集成』[第2版]思文館、2011年所収)

中野等③『戦争の日本史16 文禄・慶長の役吉川弘文館、2008年

新名一仁『「不屈の両殿」島津義久・義弘』角川新書、.2021年