古上織蛍の日々の泡沫(うたかた)

歴史考察(戦国時代・三国志・関ヶ原合戦・石田三成等)、書評や、        日々思いついたことをつれづれに書きます。

読書メモ:オンライン三成会『決定版 三成伝説』第六章 朝鮮・文禄の役~日本人は無人に罷りなり候

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る

 

 オンライン三成会編『決定版 三成伝説 現残る石田三成の足跡』(サンライズ出版、2016年)に所収されています、中井俊一郎氏の「第六章 朝鮮・文禄の役~日本人は無人に罷りなり候」の記述が印象深かったため、以下に引用します。

 

「ちょうどこの頃(筆者注:朝鮮出兵文禄の役)が始まり、石田三成ら軍目付が秀吉の代理として朝鮮を渡海し、漢城に着城した文禄元(1592)七月頃)三成らが書いた注進状が残っている。それは三成の戦略眼の確かさを示したものである。

 注進状の中で三成は前線での兵粮不足の問題をあげ、秀吉に命じられた年内の明国進攻は不可能であることを述べている。また戦線がバラバラに延びきっており、日本側が分散していること(「日本之一ヶ国程へ人数千二千ほと参候分にて」)、治安が悪化しており往来もままならないこと(「跡之路次無人にて通路たやすからず」「国都静謐つかまらず」)などの現状の問題を指摘している。その上で、このままでは局地戦には勝てても補給の続かない日本側は全滅するだろう(「勝ち申しうちに、日本人は無人に罷りなり候」)と述べているのである。これはまさに、当時の日本側の問題点と、文禄の役の行く末を正しく言い当てたものであった。連戦連勝に浮かれる武将たちの中で、三成はこの戦役全体の行方を見据えていた。

 三成は延びきった戦線の整理と、朝鮮の治安を最重要課題に捉えているが、占領地の拡大を第一に考える武将たちとは、その見解は一致しなかった。(後略)」(前掲書p46)

 

 文禄の役がはじまったのは文禄元年四月、五月三日に漢城が陥落、六月六日に奉行衆が渡海をはじめ、この書状が書かれたのは七月か八月頃とされます。

 上記で中井俊一郎氏が指摘するとおり、豊臣軍の武将たちが連戦連勝に浮かれる中で、冷静な現状分析を行い、この戦いの行く末を三成は見通していたといえます。 

 ただ、この三成のような人物は、周りの武将からは勝利の水を差す存在として嫌われたのかもしれんな、と思うと悲しい気分になります。