古上織蛍の日々の泡沫(うたかた)

歴史考察(戦国時代・三国志・関ヶ原合戦・石田三成等)、書評や、        日々思いついたことをつれづれに書きます。

石田三成と忍城水攻めの実相について

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る

 

のぼうの城』で有名になった、石田三成忍城水攻めですが、俗説での大まかな流れは「三成が忍城水攻めを思いつき、堤をつくって攻めたものの、堤が決壊、水攻めは失敗して、小田原城開城後にようやく開城、石田三成の『戦下手』ぶりを示すことになった」といったところでしょうか。『のぼうの城』は、忍城の守将である成田長親が主人公ですので、当然俗説に沿って書かれています。

 

 しかし、中井俊一郎氏の『石田三成からの手紙』(サンライズ出版)によりますと、実際の史実では忍城の水攻めを指示したのは豊臣秀吉であり、三成は水攻めに反対していたということです。

 

 以下の記述は、主に中井俊一郎氏の『石田三成からの手紙』を参考にしました。

 

 まず、三成が佐竹義宣・多賀谷重経・宇都宮国綱ら約3万の軍勢を率いて城攻めを行うことになったのは、それまでこの別働隊を率いていた浅野長吉が、天正18(1590)5月末に小田原攻めをしている秀吉本隊に召還されたためです。これは、伊達政宗が小田原に参陣することになったため、伊達家との取次をしていた長吉がその対応をしなければならなかったことによります。三成はそれまで小田原の秀吉の陣下にいましたが、長吉と入れ替わる形でこの別働隊を率いることになります。佐竹義宣ら、関東の反北条・伊達大名の取次を行ない、対伊達の戦争に備えていたのは三成でしたので、その関係で三成が率いる形になったのだと思われます。この時に大谷吉継も共に忍城攻めに従軍しています。(ので、この辺でも『真田丸』の描写は誤りです。というか、『真田丸』では忍城攻めについて正しい場面などひとつもありませんが。)後にはこれに上杉景勝真田昌幸の軍も加わります。

 

 三成らの一隊が館林城に到着したのは5月26日。大軍に包囲された館林城は、その4日後の5月30日にあっさり開城します。一隊がその次に攻略に向かったのが忍城でした。

 三成の一隊が忍城に着いたのは、6月5日以降のことです。

 

 その後、6月12日付で秀吉から三成にあてられた書状があります。

 

「忍の城の儀、御成敗加えらるべく旨、堅く仰せつけられ候と雖も、命迄の儀は御助けなさるべく候様とも、達て色々嘆き申す由候。水責に仰せ付けられ候は(略)足弱以下は端城へ片づけ(略)扶持方申し付くべく候(略)其方御疑いなされるべく非ず候間、別奉行は遣わさるに及ばず候(略)」(*1)(下線筆者)

 

 上記の書状を見ると、水責(水攻め)は秀吉の指示であることがわかります。

 

 これとは入れ違いに6月13日付で三成が浅野長吉、木村常陸介に宛てた書状があります。

「昨日、家臣に丁寧な口上をいただきました。忍城のことは、思惑通り順調に進んでいるので、先発の者は引き取りたいとのご指示でしたので、そのとおりにしました。しかしながら、城攻めの諸将は水攻めと決めてかかっているので、全く攻め寄せる気がありません。城内から半分の人数が出る(投降してくる)よう城方に働きかけているとのことですが、そんなやり方では遅すぎるのではありませんか。もう城方の詫言などにかまうべき時ではありません。まず攻め寄せるべきです。ご指示お待ちしています。

  以上 

昨日河瀬吉左衛門尉進之候処、御懇之返事、口上被仰含候段、令得心候、忍之城儀、以御手筋大方相済ニ付而、先手之者可引取之由蒙仰候、則其文ニ申付候、然処諸勢水攻之用意候て、押寄儀も無之、御理ニまかせ有之事候、城内御手筋へ御理、半人数を出候ハゝ、遅々たるへく候哉、但人数を出候共、御詫言之筋目ハ、其かまい有之間敷候ハゝ、先可押詰候哉、御報待入候、猶口上申含候、恐々謹言、

            石田少

 六月十三日       三成(花押)

浅弾(浅野長吉)様

木常(木村)  様

 御陣所

 天正十八年(一五九〇)六月十三日、浅野長吉宛書状 浅野家文書 大日本古文書所収」(*2)

 

 つまり、城攻めの諸将が水攻めだと思っているので、城に押し寄せる気をなくしている。まずは攻め寄せるべきではないか、と浅野長吉、木村常陸介に尋ねています。この書状からは、三成自身は諸将が攻める気をなくすため水攻めに反対で、まず力攻めをすべきだと考えていることがわかります。

 

  しかし、その後(*1)の書状が三成に届いたと思われるわけで、秀吉自身の指示で水攻めを行うとされている以上、三成としては指示に従わざるを得なかったのでしょう。

 

 ちなみに「豪雨によって土堤が崩れたために、水攻めが失敗した」というのが従来の通説なのですが、桐野作人『火縄銃・大筒・騎馬・鉄甲船の威力』(新人物往来社)によりますと、

 

「『家忠日記』(筆者注:記主の松平家忠は、徳川家家臣で当時小田原在陣しています。)によれば、五月中旬から六月五日までほぼ連日雨が降っていたのに、土堤が完成してからはほとんど降らなくなった」(*3)(土堤が完成したのは桐野作人氏によると「6月14日」(*4)となっています。しかし、出典が書いてなく、おそらく、江戸時代の軍記物を参照されているかと思われますが、おそらくこの時点では完成していないと思われます。(理由は後述します。))

 

 また、「この豪雨になった日だが史料によって十六日説と十八日説がある。ところが、右の『家忠日記』によれば、両日とも雨が降った気配がない。間の十七日に夕立があるのみである.。小田原と忍(現・行田市)はそれほど離れていないから、天候にさほど違いがあるとは思えない。それに、この合戦の基本史料である「忍城戦記」にも、この豪雨と堤防崩壊の記述がみえない。」(*5)

 

とのことですので、豪雨によって土堤が崩れたという事実はなかったと思われます。

 

続いて、6月20日付秀吉の三成宛書状。

 

「水責め普請のこと、油断なく申し付け候は尤もに候、浅野弾正真田両人、重ねて遣わし候間、相談し、いよいよ堅く申し付くべく候(略)普請おおかたでき候はば、御使者を遣わされ、手前に見させらるべく候」(*5)(下線筆者)

(筆者注:浅野弾正=浅野長吉、真田=真田昌幸

 

上記からは、やはり秀吉の意思が水攻めであることが確認されるほか、6月20日の段階ではまだ堤は完成していなかったことがわかります。「普請おおかたでき候はば、御使者を遣わされ、手前に見させらるべく候」とあるので、逆にこの時点では普請はおおかたできていた訳ではないことが分かります。

 

 鉢形城攻め(6月14日開城)に参加していた浅野長吉は、7月1日頃に、忍城についたようです。(*6)浅野長吉が戻ったことにより、一軍の指揮権は長吉に戻されたのか三成が指揮をし続けたのか不明ですが、長吉は三成の上司筋にあたりますので、長吉が戻ったら指揮権は長吉に戻ったと考えるのが自然でしょう。

 

 7月3日付秀吉の長吉宛書状。

 

「皿尾口乗り破り、首三十余討ち捕るの由、絵図をご覧なされ候、破り候てしかるべきところに候条(略)とかく水責仰せつけらるる事に候間、其の段申し付くべく候也」(*7)(下線筆者)

 

 上記を見ると、忍城の皿尾口を破って首を三十余を討ち取った功労を上げた長吉に対して、破って当然だと褒めることもなく、水攻めにしろと重ねてしつこく秀吉が言っていることがわかります。つまりは、落城が早くなるかもしれない力攻めはするな、ともかく水攻めをするのだと念押しをしているのです。

 

 7月6日付秀吉の上杉景勝宛ての書状。

「小田原の事、氏政を初めとして、そのほかの年寄ども四五人切腹すべく候。(略)しからばその表の人数、この方へ入れず候間、忍面へ早々相越し、堤丈夫の申し付くべく候、十四、五日ごろには、忍面の堤の躰ご見物なさるべく候条。」(*8)

 

 7月5日に北条氏直は秀吉に降服しています。つまり、北条氏が降服した後にも関わらず、秀吉はなおも忍城の水攻めの継続を指示しているのです。

 

 7月16日に忍城は開城します。これに対し、桐野作人氏は「また忍城が開城した日についても、二説ある。六月二十七日説(『関八州古戦録』『稿本石田三成』など。「忍城戦記」も二十五日の直後とする)と七月十六日説(『行田市史』など)である。

現在は小田原開城のあととする後者が通説となった感がある。しかし、小田原城中にいた成田氏長が秀吉の勧めで、六月二十日頃に投降を承諾している事実がある。これが忍城に伝えられ、折から水攻めを受ける苦衷と相まって、六月二十七日に開城したとするほうが合理的な解釈ではないだろうか」(*9)

 

としていますが、(*7)(*8)の秀吉書状を見る限り、7月以降も水攻めの継続を指示していることが分かりますので、6月27日開城はなく、やはり通説どおり7月16日開城が正しいと思われます。

 

 しかし、成田氏長が6月20日頃に投降を承諾している事実も大きいです。城主(といってもこの時は小田原城にいるのですが)の氏長の投降の意向が城に伝えられることによって、本来忍城攻めは開城し、城攻めも終わるはずなのですが、最早水攻めそのものが自己目的化した秀吉によって、水攻めを継続させるためにこの城主氏長の投降の事実(更には北条氏の降服すら)は忍城内には伏せられ、7月16日まで水攻めは続けられたということなのだと思われます。

 

 忍城攻めの諸将も城方の諸将も秀吉のとんだ茶番劇に付き合わされたということになります。

 

 上記の一連の書状を見ると、実際の所、開城近くまで堤は完成していなかった(あるいは、堤は完成しても水がたまらなかった?)のではないかと思われます。そして、7月16日の数日前に堤は完成した(水がたまった?)のではないでしょうか。7月も半ばに至って、自分が思い描くように堤が完成した(水がたまった)ことに満足した秀吉は、ここではじめて氏長が投降した事を城内に伝えることを許し、この報を受けて忍城が7月16日に開城したという順番が正しいかと思われます。

 

 ここまで堤が完成しなかった(水がたまらなかった)理由としてはいくつかあるかと思われます。

 

 まず、成功した水攻め有名なのは備中高松城の水攻めがあります。この時に作られた堤の長さは2.5キロメートルほどだとされています。

これに対して、忍城の水攻めで必要とされた堤の長さは28キロに及んだといいます。忍城の水攻めではこの長大な堤による必要な水没面積を必要とします。

 それにも関わらず、前述したように「『家忠日記』(記主の松平家忠は小田原在陣)によれば、五月中旬から六月五日までほぼ連日雨が降っていたのに、土堤が完成してからはほとんど降らなかった」(*3)ということです。つまり、作らなければいけない堤は備中高松城と比べて膨大で、当然引き込まなければいけない水の量も大きかったにも関わらず、予想外に雨が降らず、引き込もうとした荒川・利根川の水流も少なく、水かさが思うようにたまらなかったのではないかと思われます。

 

 長く堤を維持するには補修も続ける必要があります。その労力も大変なものだったでしょう。現地を見た三成は備中高松城の水攻めなどとは比較にならない程、忍城の水攻めは困難であることを理解し、長吉に水攻め反対の書状を送ったものの、主君秀吉が水攻めに固執している以上どうしようもありませんでした。長吉も、戻ってすぐに皿尾口を力攻めしていることから、内心では水攻めに反対していたと思われますが、力攻めを秀吉から叱責される始末です。

 

 上記をみていけば、この戦により石田三成の戦下手が知れ渡り、三成は諸将の信頼を失ったなどということはないといえます。それは、忍城水攻めを共に行った大谷吉継長束正家、多賀谷重経、佐竹義宣、真田昌幸上杉景勝らが関ヶ原の戦いで西軍に立ったことからも分かるでしょう。むしろ、秀吉のパフォーマンスに振り回される三成に同情が集まったのではないでしょうか。

 

 結局、忍城攻めは大軍で包囲することにより、相手が降服してあっさり終わるはずの戦い(実際、成田氏長から降伏の申し出はあった)を、秀吉が水攻めの様子を諸将に見せたいという理由だけで、無理矢理引き延ばしただけの戦いです。三成をはじめとする豊臣方も、そして守る成田方も、秀吉の都合に振り回されただけの戦いだったといえるでしょう。

 

 注

(*1)中井俊一郎 2012年、p35

(*2)中井俊一郎 2012年、p28~29

(*3)桐野作人 2010年、p234

(*4)桐野作人 2010年、p234

(*5)中井俊一郎 2012年、p36

(*6)中井俊一郎 2012年、p36

(*7)中井俊一郎 2012年、p36~37

(*8)中井俊一郎 2012年、p38

(*9)桐野作人 2010年、p234~236

 

 

 参考文献

中井俊一郎『石田三成からの手紙』サンライズ出版、2012年

桐野作人『戦国最強の兵器図鑑 火縄銃・大筒・騎馬・鉄甲船の威力』新人物往来社、2010年