読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古上織蛍の日々の泡沫(うたかた)

歴史考察(戦国時代・三国志・関ヶ原合戦・石田三成等)、書評や、        日々思いついたことをつれづれに書きます。

関ヶ原の戦いにおける西軍決起の首謀者たちは誰か?

☆ 総目次に戻る☆ 

☆戦国時代 考察等(考察・関ヶ原の合戦、大河ドラマ感想、石田三成、その他) 目次に戻る

 

 関ヶ原の戦いが起こった慶長5(1600)年の7月15日付島津義弘(惟新)の上杉景勝宛て書状(現存するのは控えです)というのがあります。

 7月17日に三奉行による「内府(徳川家康)違いの条々」が発出する直前の書状であり、関ヶ原の戦いの西軍の首謀者を考える上で貴重な資料といえます。以下引用します。

 

「雖未申通候、令啓候、今度内府貴国ヘ出張二付、輝元・秀家を始、大坂御老衆・小西・大刑少・治部少被仰談、秀頼様御為二候条、貴老御手前同意可然之由承候間、拙者も其通候、委曲石治より可被申候、以上、

 

               羽兵入

(慶長五年)七月十五日     惟新

         景勝 人々御中 (『薩摩旧記雑記後編』三-一一二六号)

 

◇いまだ書信のやりとりはございませんが、ご連絡いたします。このたび内府(徳川家康)が会津へ出陣された件で、毛利輝元宇喜多秀家を筆頭に大坂の御年寄衆小西行長大谷吉継石田三成らで御談合なされ、秀頼様の御為には(家康ではなく)あなた様との連携こそがとるべき途との結果に至りました。拙者もその通りと考えます。委しいことは、石田三成から連絡があると存します。」(*1)

 

 上記の書状の内容が正しいとすると、以下のことが分かります。

 

 1.関ヶ原の戦いの西軍決起直前の7月15日時点での首謀者は、毛利輝元宇喜多秀家御年寄衆前田玄以増田長盛長束正家)、小西行長大谷吉継石田三成島津義弘であるということです。

 ここで、「首謀者」と書いたのは、上記の人物達は西軍決起の事前謀議に加わった人物であり、毛利輝元の上坂クーデターや、「内府違いの条々」発出に引き摺られて、事後的・受動的に西軍に加わったわけでないという意味です。

 三奉行(前田玄以増田長盛長束正家)、島津義弘、あるいは毛利輝元が事後的・受動的に西軍に加わったような説がたまに見受けられますが、それは史実に反します。彼らも西軍決起の事前謀議を行った首謀者なのです。

 

 2.特に「島津義弘は、はじめは西軍につく気はなく、事前の家康の要請で伏見城に入ろうとしたが、城番をしていた徳川家康家臣の鳥居元忠に断られ、(周りは西軍だらけなので)やむを得ず西軍についた。」という話がありますが、これは島津家が江戸時代に作った徳川家向けの言い訳です。

 実際には上記の書状の通り、島津義弘は西軍の事前謀議に加わっており、西軍の首謀者のひとりとなっています。家康の義弘への伏見城入城への事前要請は、口頭のものであり、また別に義弘を信頼したためというよりは、

 

① 島津は西国の大名であり、遠国である会津征伐に従軍するに及ばない(この時代の戦役は戦地に近い大名ほど軍役の義務が高くなります)

② 九州の大名でも黒田長政のように自発的に会津征伐に従軍した大名もいますが、家康は黒田家ほど島津家を信頼していない(島津家は三成と取次関係にあり、特に義弘は三成と昵懇の仲です)ため、やんわりと会津征伐の従軍を不要とした。

という理由によるものかと思われます。

 

 鳥居元忠は家康の義弘に対する伏見入城要請の話は聞いていない、といって義弘の入城を断りますが、仮に家康の要請の話を前に聞いていたとしても、その頃は二大老・三奉行等による西軍決起など想像もしていない時点の話ですので、事情が全然違います。

 上記のように義弘はすでに西軍に加わっていますので、元忠が義弘の話を信じて、島津軍を伏見城に入城させていたら、あっという間に伏見城は陥落していたでしょう。元忠が義弘の入城を断ったのは、賢明な判断であったといえます。

 

3.7月15日付の時点ではじめて書信のやり取りをしていることから、上杉景勝が西軍決起の事前謀議に加わっていないことが、この書状からも裏付けられます。

 

 *ちなみに、上杉景勝の事前謀議がなかったことについて、渡邊大門氏の『謎解き 東北の関ヶ原 上杉景勝伊達政宗』には以下のように記載されています。

 

「事前盟約がなかったことを明快に論じたのが、宮本義己氏である(「内府(家康)東征の真相と直江状」)。宮本氏は三成が真田昌幸に宛てた二通の書状を根拠にして、兼続と三成の事前盟約説を否定している。

 まず、(慶長五年)七月晦日付石田三成書状(真田昌幸宛)を掲出することにしよう。(「真田家文書」)。

 

 私(三成)から使者を三人遣わしました。そのうち一人は昌幸が返事を書き次第、案内者を添えて私(三成)のほうへ下してください。残りの二人は、会津(景勝・兼続)への書状とともに遣わしているので、昌幸のほうからたしかな人物を添えて、沼田(群馬県沼田市)を越えて会津へ向かわせてください。昌幸のところに返事を持って帰ってきたら、案内者を一人添えて、私(三成)まで遣わしてください。

 

 この書状の冒頭の部分では、三成が挙兵する計画を事前に知らせていなかったことを昌幸に詫びている。このような事情を看取すると、この時点で、昌幸にさえ西軍決起の情報が届いていなかった様子がうかがえる。

 そして、この書状を見ると、昌幸を通して景勝のもとに使者を向かわせていることが判明する。文中の案内者とは、土地の事情に詳しい者という意味である。つまり、宮本氏が指摘するように、これより以前に三成は、景勝との交渉ルートを持たなかったと考えられるのである。(後略)」(*2)

 

 上記の「これより以前に三成は、景勝との交渉ルートを持たなかったと考えられる」の意味が判然としませんが、三成は七将襲撃事件で佐和山城に隠遁するまで、ずっと上杉家との取次を務めていますので、文字通りの意味(三成は、景勝との交渉ルートを持たなかった)ならば単純に間違いです。

「三成が七将襲撃事件で佐和山城に隠遁した以降に、内密に上杉家と交渉するルートを(物理的、地理的に)持たなかった」という意味であれば正しいといえます。

 

 注

(*1)中野 等 2017年、p416~417

(*2)渡邊 大門 2014年、p138~139

 

 参考文献

中野 等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年

渡邊 大門『謎解き 東北の関ヶ原 上杉景勝伊達政宗光文社新書、2014年